ナビゲーションメニューへ

言葉は「出る」もの

2021/12/07(火) 16:44 | izawa

 「言葉が出る」とは、言いえて妙な感じがします。人間のコミュニケーション手段はたくさんあります。表情、声、動作、しぐさ、視線、雰囲気などの他に、その延長線上に「言葉」が出ると考えらえます。

 「子どもはどのようにして言葉をしゃべり出すのか?」という問いに、いくつかの説があります。

 普遍文法が子どもの頭に生まれつき備わっていて、人間であれば誰でも特に何も教えられなくてもすばやく言語を獲得できる、という説があります。これは「生得説」と呼ばれています。

 もう一つは、環境つまり「大人からの入力」が重要であるという「環境説」。よく「言葉のお風呂に入れてあげて、中のお湯があふれたら言葉が出てくる」ということを今までも聞いたことがあるかと思います。。

 三つ目は、子どもの言語発達に社会的相互作用を中心とした「社会性」を重視する説。

 これらの三つの他にもあるでしょうし、この三つの中でも、更にいろいろ分かれていることでしょう。

 

 さて、療育教室 楽しい広場の「発達療育」では、基本的に三つ目の「社会性を重視する立場」です。

 言葉が出る前までは、声や表情、動作、視線などを使ってコミュニケーションをします。コミュニケーションをするということは、相手からくるいろいろな手段を使った「刺激」(言葉、表情、触感、声、動作など)に反応して、こちらからもいろいろな内容のものを「伝える」ということです。

 ここで一つ大事なのは、自分が相手に「伝えたい」と思うから伝えるのですね。ですから、「伝えたい」という思いがわずかであれば、コミュニケーションは弱いものになります。コミュニケーション自体が弱ければ、より高度な「言葉」によるコミュニケーションまでなかなかたどり着かないでしょう。つまり、ある思いを相手に「伝えたくて」その結果、発語につながると考えます。

 逆に考えると、子どもさんの「言葉が遅い」というのは、いろいろな理由でコミュニケーションが弱い、あるいは少ないのが原因なのではないか、と考えます。そして、そのコミュニケーションの重要な相手が「お母さん」であることが圧倒的に多い、ということです。乳幼児にとって「お母さんが重要な存在である」ということは、前回のブログに書いた通りです。

 お母さんとのかかわりの経験を基本にして、「伝えたい」という思いの先で「言葉が出る」のだと考えます。

 今回は以上です。