ナビゲーションメニューへ

発達の不安の原因を考えるために、どれだけ多くの「引き出し」をもっているか

2021/09/24(金) 11:59 | izawa

 言葉がわずかしか出ていない、友だちと遊ばない、自分の世界に入ることが多い、集団の中からすぐ飛び出す、かんしゃくが激しい、友だちとトラブルが多い、一斉指示が通らないと言われた、等々、幼児期の子どもさんの発達の不安はたくさんあります。

 これらの原因を明らかにし、それに応じた適切な働きかけをして、発達の不安を改善していくのが早期療育です。

 その原因を考えるとき、知的障害を除くと、よく言われているのが自閉症やADHD(注意欠陥多動性障害)、学習障害などの発達障害です。もちろんそういう子どもさんもいます。しかし、発達障害以外に原因がある子どもさんもたくさんいます。

 早期療育を行うそれぞれの機関で、発達の不安の原因を考えるとき、知的障害や発達障害以外にどれだけほかの引き出しをもっているかが、それぞれの機関の早期療育の専門性のレベルになると考えられます。

 なぜ多くの引き出しをもつ必要があるのか。

 それは、例えば、3才で発語が10個程度の子どもさんがいて、親御さんが相談来られた時、考えられる原因は3つです。

 一つは知的な発達の遅れ。二つ目は自閉症などの発達障害。そして三つ目は単なる発達の遅れ、つまり適切な働き掛けによって発達の不安は改善される、つまり同じ年令の発達段階に追いつくという場合です。

 療育教室 楽しい広場が行っています「発達療育」では、これらの三つの考えられる原因に関しての「引き出し」をもっています。

 知的障害や発達障害以外に、こういう原因が考えられて、こういう働きかけで不安を改善していきましょう、と進んでいくための「引き出し」がたくさんあります。

 それは、これまでのこのブログや、これまでの療育セミナーの資料、そして昨年出版しました電子書籍『障害以外から原因を考える「発達療育」』、そして現在改訂作業を進めています「発達の概略表」などです。

 この引き出しをたくさんのお父さんお母さんにお伝えし、お子さんの発達の不安を改善していくのが、楽しい広場の「こども発達相談」や「ことば伸び伸び教室」であり、引き出しを幼稚園や保育園などの先生方にお伝えするのが療育セミナーです。

 今後も、障害以外の「引き出し」をたくさんもって早期療育を行う指導者の方々がたくさん出てこられるように、いろいろな手段を使って発信してまいりたいと思います。

 そして、発達に不安をおもちのお子さんのお父さん、お母さん、こども発達相談、オンライン発達相談、メール発達相談でお問い合わせください。お待ちしております。