ナビゲーションメニューへ

楽しい広場の電子書籍の紹介~『障害以外から原因を考える「発達療育」』

2021/05/14(金) 12:38 | izawa

 4月25日(日)に行われました「第19回 札幌療育セミナー」の報告を10回にわたり、このブログで掲載いたしました。
 内容は、認知心理学の立場から、「自閉症の原因は心の理論が欠けていることである」とした、イギリスのウタ・フリス氏の提唱された理論を基に、幼児期の子どもさんで、「自閉症ではない」と判断できる基準のうち「良くも悪くも人を見て行動する」について、説明をいたしました。
 「自閉症ではない」と判断できる基準はもう一つあって、それは「ごっこ遊びができる」です。これについては、第20回の札幌療育セミナーで説明をする予定です。

 さて、幼児期のお子さんで、自閉症の診断をもらったり、周りから自閉症の疑いの目で見られているお子さんもたくさんおられると思います。そのようなお子さんは、一度ぜひ上記の二つの基準を見てください。二つのうち一つでも当てはまれば、「自閉症ではない」と判断できます。
 ただし、これは「このお子さんは自閉症か、自閉症ではないか」について議論するために行うのではありません。認知心理学の「心の理論」という視点から見たら自閉症の可能性はないと判断できたら、子どもさんの発達の不安の原因を「障害以外」から考えるのにハードルがなくなるのです。そして、発達の不安があるとしたら、「その発達に必要な生活経験がどこかで足りなかったのではないか」と冷静に原因を考えることができます。

 その「障害以外」であるとしたら「何が原因なのか?」という時に、大いに役立つのが、楽しい広場で作成した電子図書『障害以外から原因を考える「発達療育」』なのです。そして、そこには当然、考えられる原因のほかに、具体的な改善の方法も書かれてあります。

 詳しくは、メニューの「本の紹介」をご覧ください。この電子書籍は、札幌市中央図書館の電子書籍の貸し出しでもお読みいただけます。
 どうぞ、是非ご活用ください。