ナビゲーションメニューへ

第17回 札幌療育セミナーの報告

2020/10/26(月) 14:31 | izawa

 昨日、10月25日(日)に、第17回札幌療育セミナーを開催いたしました。

 テーマは、言葉の遅れの障害以外の考えられる原因と改善の方法でしあ。今回は、幼稚園、保育園、認定こども園、児童デイーサービスの4種類の6施設、そして幼稚園教諭、保育士、園長先生、指導員、作業療法士の方々9名に参加いただきました。

 今回の説明のポイントは3つ。1つは、言葉の発達のためには社会的な人とのかかわりが必要なこと。2つ目は。絵カードを使った発語のない子どもさんに対する認知的な発達段階を把握する方法。3つ目は、言葉が遅い原因でとても多い、脳の認知処理機能のうち、同時処理機能が強い場合、これは俗に言われている「視覚が強い」場合のことですが、その原因の理由と改善の方法です。

 後半の協議では、時間が足りなくなるほど、参加者の方々が高い問題意識をもって参加されていたと感じられたセミナーでした。参加された皆さん、ありがとうございました。