ナビゲーションメニューへ

楽しい広場が本を作りました。(その3) 目 次 1

2020/08/03(月) 16:41 | izawa

 楽しい広場の本のタイトル

 『障害以外から原因を考える「発達療育」』

 

 今回は、目次を書き記します。

★目 次

第1章 発達療育について

 Ⅰ 発達療育とは

 Ⅱ 発達療育の特徴
  1 「発達的視点」から原因を考える
   (1)子どもの発達の分類
   (2)「発達的視点」とは?
   (3)「障害」以外に考えられる発達の不安の原因
  2 「教育」としての早期療育
  3 4つの理論を基盤にする
  4 療育の基本は「人とかかわっていくこと」

 

第2章 基本的な発達の流れ

  1 認知の発達の流れ
   (1)認知的な発達段階
   (2)具体的な発達の把握の方法
  2 言葉の発達の流れ
  3 人とかかわる力の発達の流れ
   (1)母親とのかかわり(0才~1才半:始歩の頃)
   (2)周囲の大人とのかかわり(1才半~3才)
   (3)子どもとのかかわり(3才~4才)
   (4)子どもの小集団でのかかわり(4才~5才)
   (5)子どもの大集団でのかかわり(5才~6才)

 

第3章 基礎となる理論の概要

  1 同時処理機能、継次処理機能
   (1)同時処理機能、継次処理機能の定義
   (2)「同時処理機能」が強い子どもの特徴
   (3)「同時処理機能」が強い子どもの共通点
  2 心の理論
   (1)心の理論とは?
   (2)自閉症と心の理論の関係
  3 自律性
   (1)自律性とは何か?
   (2)自律性が身に付いていない原因
  4 感覚過敏
   (1)感覚過敏とは?
   (2)感覚過敏が発達に及ぼす影響
   (3)感覚過敏に対する対応
   (4)感覚過敏はいつごろ落ち着くのか?

 

第4章 発達療育のキーワード

  1 3才の発達の重要性
  2 3才の発達の攻防~「発達の遅れ」なのか「障害」なのか
  3 発達からみた自閉症の可能性の判断基準
  4 自閉症の迷信
   (1)クレーン行動
   (2)視線が合わない
   (3)指さしをしない
  5 「教育」としての早期療育の確立
  6 特別支援学級の大きな問題点~「教科別の指導をしない」
  7 小学校1年生までに身につけたい力

 

第5章 発達の不安の原因と改善の方法

 以下、33項目は次回、説明をいたします。