ナビゲーションメニューへ

発語を促す教材 「オノマトペカード」

2020/05/24(日) 11:07 | izawa

 皆さん、「オノマトペ」という言葉をご存知ですか?

 これは、「擬声語」を意味するフランス語だそうです。私(伊澤)も不案内で最近知りました。「擬声語」とは、「擬音語」と「擬態語」の総称のことです。
 〇擬音語
   物が発する音や声を真似て、字句で描写した語句のこと
    → ワンワン、トントン、モーモーなど

 〇擬態語
   状態や心情など、音のしないものを音によって表す言葉
    → すやすや、なでなで、ニヤニヤなど

 

 さて、最近「合同会社 まちとこ」といところから、紹介メールをいただきました。言葉が出るのが遅い子どもさんをもつ親御さんと、言語聴覚士さんが作られた会社だそうです。

 何の紹介かと言いますと、発語が遅い子どもさんが発語をどんどんするために作られた「オノマトペカード」の紹介でした。

 これは2才・3才で発語が遅い、発音の不明瞭が多いというお子さんに対して、絵カードを子どもさんに見せながら、「ワンワン」「モーモー」「にゃお」「りんりん」「つんつん」などの擬音語や、「すやすや」「なでなで」「ニヤニヤ」「ねばねば」などの擬態語を一緒に発音させていこうというものです。

 これまで、発語が遅い子どもさんや、まだ発音が不明瞭な子どもさんを指導するときに、「パパ、ママ、パン」などの発音しやすい単語や、「ブーブー、モーモー」など発音しやすい動物の鳴き声を絵カード見せながら発音模倣をさせることはしてきました。

 しかし、考えてみると発語の前の、言っている意味はよくわからないけれど、よくおしゃべりをしている「喃語(なんご)」の時期の訓練があっても良いのですね。それに、この「オノマトペカード」がピッタリなんです。理由は、擬声語というのは、発音しやすい音、たとえば母音(ア行)、唇を使うマ行、パ行、バ行などが多く入っていること、それから多少発音が曖昧でも大丈夫で、声と言葉のちょうど中間の発音を練習できることです。特にこの「オノマトペカード」の絵カードは、なとえば「ねばねば」「ぬりぬり」などの擬態語にもそれを表す絵がついていて、意味にも興味を持ちながら発音をしていくことができます。

 療育教室 楽しい広場も、この「オノマトペカード」を購入しました。(送料込みで2990円)今後の指導に、ぜひ役立てていきたいと思います。

 興味のある方、インターネットで「オノマトペカード」で検索をしてみてください。