ナビゲーションメニューへ

スマホでは空気は読めない。

2019/12/04(水) 19:24 | izawa

 今はスマホでのやり取りが、大人だけではなく学生でも多くなりました。特にメールやラインなど文字でのやり取りが、簡単にすぐできるようになり、たくさんの人がその恩恵を受けていることと思います。

 さて、コミュニケーションという面から見て、スマホの欠点があります。以前に「空気を読む」というテーマでブログを書きましたが、「空気を読む」「人との距離感を保つ」という高度なコミュニケーション能力を身に付けるためには、言葉以外に、声、表情、動作、しぐさ、雰囲気、視線などのいろいろなコミュニケーション手段を使って、相手の、あるいは周囲の人たちの感情、考え、意図などを瞬時に読み取ることが必要になります。スマホには、言葉以外に、基本的にコミュニケーション手段はありません。ですから、事務的な連絡、親しい人との連絡などでは良いかもしれませんが、相談や交渉などでは、とても危なっかしい手段になります。子どもたちが、トラブルを起こすのは、多分こういう場合だと思います。また、スマホなどの文字だけのコミュニケーションに慣れてくると、大人でも、いちいちいろいろな手段を使って、「空気を読む」というのは面倒に思われてくるかもれません。

 スマホの文字通信は、便利でもあり、しかし、それへの頼りすぎは。人間の高度な能力の衰退にもつながる、ということです。