ナビゲーションメニューへ

小学校1年生で、国語の文章の読解問題が苦手

2019/08/06(火) 18:36 | izawa

 今年の4月に小学校に入学して、1学期が終わり、国語の文章の読解問題が苦手と感じたり、学校の先生から言われたリしたお子さんも多いのではないでしょうか。そういう場合も、どういうわけか、そういう理解力が障害で弱いと考える方が多いのですね。今は「学習障害」ではないか、というところかもしれません。

 さて、療育教室 楽しい広場では、障害以外から原因を考えていきます。今までの楽しい広場での経験上、そういうお子さんは、幼児期、絵本を読みたがらなかった、あるいは読まなかった、というお子さんがとても多いです。それがどのように影響するかと言いますと、絵本を読む、あるいは読み聞かせを聞く、ということは、順番に内容を記憶していくということなのですね。物事を順番に記憶していくために、絵本というのはとても良いのですね。その絵本を読まなかったということは、物事を順番に記憶していく経験の重要なところを飛ばしてしまっている可能性があります。その影響が強く出るのが、小学校1年生の文章の読解問題なのですね。文章を順を追って読んで、記憶して、理解して、それをもとに、それに関する質問に答えるということが、苦手になってしまうことが多いです。

 それでは、それをどのように克服していくか。一日5分~10分くらいの短い時間でよいので、お母さんと一緒に、小学校1年生向けの文章を1日5行ずつくらい声を出して読んで、それを書き写しましょう。読むときも書くときも、間違いはきちんと直しましょう。それから、そういうお子さんは、算数の足し算や引き算の文章問題も苦手と思われますので、それも、1問ずつお母さんと一緒に解いてみましょう。これを、夏休み中から初めて、一か月くらい続けると、少しずつ効果が出てくると思います。そして、自信がついたらしめたものですね。