ナビゲーションメニューへ

代表挨拶

療育教室 楽しい広場代表 (専任相談員)

 い ざわ たか や
 伊  澤  崇  弥

  • 昭和31年(1956年)釧路市生まれ。
  • 昭和54年(1979年)に日本福祉大学を卒業。
  • 昭和57年(1982年)より、平成19年(2007年)3月31日まで北海道の知的障害養護学校に教諭として勤務。その間、昭和63年(1988年)よりボランティアとして、20年間、子どもの療育相談に携わる。携わった相談件数は、延べ約800件。
  • 平成19年(2009年)4月、NPO法人 療育教室 楽しい広場代表として、かつ専任相談員として活動を開始する。
  • 平成26年4月より、札幌市北区にある「放課後等デイサービス 星の音」に管理者として従事しながら、楽しい広場で、個別療育相談やことば伸び伸び教室の指導にあたる。
  • これまで、楽しい広場として、延べ、2000件以上のお子さん、親御さんと、発達相談や言葉の指導を行い、電話・メール相談も、海外も含め500件以上行ってきた。
  • 1996年(平成8年)より、2011年(平成23年)年まで、岐阜大学教育学部附属障害児教育実践センター(現岐阜大学教育学部特別支援教育センター)研究員。これまでに研究論文を10本執筆。(うち、共同執筆1本)

 

ごあいさつ

 

 「NPO法人 療育教室 楽しい広場」代表の伊澤崇弥です。

 療育教室 楽しい広場は、平成19年(2009年)4月に、発達に不安を感じる子どもさんの療育相談を主な事業として、札幌市白石区で活動を開始いたしました。現在は、白石の教室は行っていませんが、月2回、札幌市の星槎さっぽろ教育センターをお借りして、個別療育相談と、言葉や言葉のコミュニケーション、算数などを子どもたちに指導する「ことば伸び伸び教室」の二つを、事業の柱として、活動を行っています。また、全国各地での療育相談も、平成26年から始め、これまでに、大阪、東京、岡山で行いました。今後は、更に行っていく予定です。

 療育教室 楽しい広場には、主に幼児期のお子さんで、2才、3才なのに発語がない、言葉は出ているが、友だちとの会話についていけない、などの言葉の遅れや、多動である、感情のコントロールができないなどの発達に不安をもつ子どもさんや、その親御さんが多く来られています。

 現在の日本の、発達に不安のある子どもさんの早期療育は、お子さんが「障害児」にならないと始まらないシステムになっています。ですから、その前の保健センターや3才児などの健診での発達相談で、少しでも発達に不安のある子どもさんは、発達障害を疑われます。そして、病院での受診を勧められ、自閉症などの発達障害の診断がついて、初めて障害児としての早期療育を受けることになります。

 療育教室 楽しい広場では、子どもの一般的な認知ですとか言葉、人とのかかわりなどの、いろいろな発達の流れ、道筋をまず確認し、それを基準とします。その基準を基本としながら、個々の子どもさんの発達の実態を正確に把握し、それと一般的な子どもの発達の流れを比較し、そこから、発達の不安の原因を明らかにし、それに応じた適切な指導を行っていきます。それを「発達療育」と呼んでいます。

 発達に不安のある子どもさんの不安の原因は、もちろん脳に機能障害がある発達障害だけではないのですが、現在の日本の発達相談、早期療育は、原因を発達障害しか考えていません。これは、大問題です。

 楽しい広場の発達療育は、「2才や3才の子どもさんが、障害児かそうでないかを言う前に、言葉が出なければ言葉を出す、多動であれば多動を落ち着かせる、感情のコントロールができなければコントロールさせる指導を行う。」というものです。

 発達に不安のある子どもさんに対して、障害という医学の範疇の支援ではなく、子どもさんを「育てる」という、「教育、保育」の範疇の指導、支援を行います。

 その考え方、方法を、ホームページやブログで紹介し、実際の療育相談やことば伸び伸び教室で実践しております。みなさん、子どもさんが育つということ、是非、ご一緒に考えてみませんか。

 

★そして、今年平成28年8月12日(金)、13日(土),14日(日)に大阪で、16日(火),17日(水)に横浜で、個別の療育相談を行います。詳しくは、楽しい広場のブログ2016年6月28日付に掲載しております。お問い合わせ、お申し込みお待ちいたしております。