ナビゲーションメニューへ

代表挨拶

療育教室 楽しい広場代表 (専任療育指導員、専任相談員)

 い ざわ たか や
 伊  澤  崇  弥

  • 昭和31年(1956年)釧路市生まれ。
  • 昭和54年(1979年)に日本福祉大学を卒業。
  • 昭和57年(1982年)より、平成19年(2007年)3月31日まで北海道の知的障害養護学校に教諭として勤務。その間、昭和63年(1988年)よりボランティアとして、20年間、子どもの療育相談に携わる。携わった相談件数は、延べ約800件。
  • 平成19年(2009年)4月、NPO法人 療育教室 楽しい広場代表として、かつ専任療育指導者、専任相談員として活動を開始する。
  • 平成26年4月より、札幌市北区にある「放課後等デイサービス 星の音」に管理者として従事しながら、楽しい広場で、個別療育相談やことば伸び伸び教室の指導にあたる。
  • これまで、楽しい広場として、延べ、3000件以上のお子さん、親御さんと、発達相談や言葉や考える力の向上のための指導を行い、電話・メール相談も、海外も含め600件以上行ってきた。
  • 1996年(平成8年)より、2011年(平成23年)年まで、岐阜大学教育学部附属障害児教育実践センター(現岐阜大学教育学部特別支援教育センター)研究員。これまでに研究論文を10本執筆。(うち、共同執筆1本)

 

ごあいさつ

 「NPO法人 療育教室 楽しい広場」代表の伊澤崇弥です。

 療育教室 楽しい広場は、平成19年(2009年)4月に、発達に不安を感じる子どもさんの療育相談と子どもさんの言葉や考える力を伸ばす指導を主な事業として、札幌市白石区で活動を開始して以来、平成最後の平成31年をもって、13年目に入りました。

 発達とは本来「流れている」ものです。しかし、その中で、言葉の発達が遅い、多動である、かんしゃくが激しい、友だちと遊べないなど、発達に不安があるというのは、何らかの理由で、そのお子さんの発達の流れが遅くなっている、あるいは、絡まったり固くなって、流れが滞っている、と考えられます。

 「発達療育」における適切な働きかけとは、本来の適度な速さで流れていない発達を「動かす」ことです。遅れていれば後ろから押し、絡まっていれば解きほぐし、固まっていれば柔らかくする、つまり、「発達に応じた経験をさせる」ということであり、それは「学習する」ことにつながります。そして、そうすることによって、発達が順調に流れだし、その結果、同じ年齢の発達段階に近づき、追いつき、追い越し、子どもさんが豊かに発達し成長していくのです。

 今、発達に不安をおもちのお子さんのお父さん、お母さん、そして家族の皆様、療育教室 楽しい広場の発達療育で、お子さんを豊かに成長させませんか。ぜひ一度、おいでください。お待ちしております。