ナビゲーションメニューへ

代表挨拶

療育教室 楽しい広場代表 (専任療育指導員、専任相談員)

 い ざわ たか や
 伊  澤  崇  弥

  • 昭和31年(1956年)釧路市生まれ。
  • 昭和54年(1979年)に日本福祉大学を卒業。
  • 昭和57年(1982年)より、平成19年(2007年)3月31日まで北海道の知的障害養護学校に教諭として勤務。その間、昭和63年(1988年)よりボランティアとして、20年間、子どもの療育相談に携わる。携わった相談件数は、延べ約800件。
  • 平成19年(2009年)4月、NPO法人 療育教室 楽しい広場代表として、かつ専任療育指導者、専任相談員として活動を開始する。
  • 平成26年4月より、平成31年3月まで札幌市北区にある「放課後等デイサービス 星の音」に管理者として従事しながら、楽しい広場で、個別療育相談やことば伸び伸び教室の指導にあたる。
  • これまで、楽しい広場として、延べ、3000件以上のお子さん、親御さんと、発達相談や言葉や考える力の向上のための指導を行い、電話・メール相談も、海外も含め600件以上行ってきた。
  • 1996年(平成8年)より、2011年(平成23年)年まで、岐阜大学教育学部附属障害児教育実践センター(現岐阜大学教育学部特別支援教育センター)研究員。これまでに研究論文を10本執筆。(うち、共同執筆1本)

 

ごあいさつ

 「NPO法人 療育教室 楽しい広場」代表の伊澤崇弥です。

 療育教室 楽しい広場は、平成19年(2009年)4月に、発達に不安を感じる子どもさんの療育相談と子どもさんの言葉や考える力を伸ばす指導を主な事業として、札幌市白石区で活動を開始して以来、平成最後の平成31年をもって、13年目に入りました。

 このたび、代表の伊澤が、平成31年3月31日付をもちまして、楽しい広場の活動を継続しながら、勤務をさせていただいた放課後等デイサービスを退職いたし、療育教室 楽しい広場の事業に専念することとなりました。

 以前は、白石に教室があり、そこを拠点に活動をしておりましたが、現在は、教室はありません。しかし、これからは、札幌市社会福祉総合センターや札幌市教育文化会館の研修室をお借りしながら、また、精力的に個別療育相談やことば伸び伸び教室を展開してまいりたいと考えています。

 さらに、この4月から「療育アドバイザー事業」を始めます。主に幼稚園や保育園、児童発達支援事業所を対象に、お母さんの子育て相談、発達に不安のある子どもさんの発達の実態の把握と指導方法に関する先生方の皆さんへのアドバイス、児童発達支援事業所など福祉の仕組みやその実態などの説明などが主な内容です。

 障害があろうとなかろうと、発達に不安のある子どもさんの発達を伸ばし、問題行動を改善し、同じ年令の子どもさんたちに、近づき、追いつき、追い越すことをめざして子どもたちを育てること、それが療育教室 楽しい広場の役目であり、「発達療育」の目指すところです。

 近い将来、全国各地で「発達療育」のお話ができ、さらに子どもさんたちの成長に役立つことができれば、この上もない喜びです。頑張っていきたいと思います。