ナビゲーションメニューへ

代表挨拶

療育教室 楽しい広場代表 (専任療育指導員、専任相談員)

 い ざわ たか や
 伊  澤  崇  弥

  • 昭和31年(1956年)釧路市生まれ。
  • 昭和54年(1979年)に日本福祉大学を卒業。
  • 昭和57年(1982年)より、平成19年(2007年)3月31日まで北海道の知的障害養護学校に教諭として勤務。その間、昭和63年(1988年)よりボランティアとして、20年間、子どもの療育相談に携わる。携わった相談件数は、延べ約800件。
  • 平成19年(2009年)4月、NPO法人 療育教室 楽しい広場代表として、かつ専任療育指導者、専任相談員として活動を開始する。
  • これまで、楽しい広場として、延べ、2000件以上のお子さん、親御さんと、発達相談や言葉や考える力の向上のための指導を行い、電話・メール相談も、海外も含め300件以上行ってきた。
  • 1996年(平成8年)より、2011年(平成23年)年まで、岐阜大学教育学部附属障害児教育実践センター(現岐阜大学教育学部特別支援教育センター)研究員。これまでに研究論文を10本執筆。(うち、共同執筆1本)
  • 2020年(令和3年)9月に『障害以外から原因を考える「発達療育」』を執筆、電子書籍として販売をしている。
     

 

ごあいさつ

 「NPO法人 療育教室 楽しい広場」代表の伊澤崇弥です。

 療育教室 楽しい広場は、平成19年(2009年)4月に、発達に不安を感じる子どもさんの療育相談と子どもさんの言葉や考える力を伸ばす指導を主な事業として、札幌市白石区で活動を開始して以来、令和3年4月をもって、15年目に入りました。

  療育教室 楽しい広場が推し進めます「発達療育」の大きな特徴はというのは「教育としての早期療育」ということです。

 

 発達に不安のある子どもさんの、不安を改善することを早期療育と定義したとき、現在、日本の早期療育は大きく三つの類型があると考えます。

(1)医療行為としての早期療育
・医師の「自閉症スペクトラム」などの診断を基にして、ST(言語聴覚
 士)、PT(理学療法士),OT(作業療法士)などが携わって行う医
 療行為としての早期療育。

(2)福祉としての早期療育
・医師の診断や市町村にある相談機関の所見などを基に、市町村が発行す
 る受給者証を利用して、児童福祉法や発達障害者支援法などに基づいた
 障害児通所発達支援事業所(通称:児童デイサービス)で行われる早期
 療育。
・内容としては、対象の子どもさんを障害児、あるいはその可能性が高い
 子どもさんであることを前提に、遅れている発達は障害があるので将来
 大きく伸びないことが考えられるので、将来の生活に向けて他の能力を
 伸ばすなどして「生活適応力」を伸ばすという療育内容が多い。

(3)教育としての早期療育
・療育教室 楽しい広場が推し進めている「発達療育」が代表的。現在、
 札幌市内の一部の児童デイサービスでも行われている。
・子どもさんの発達の不安を「障害以外」から考えていく。基本的には、
 子どもの発達に必要な生活経験が少なかったり、弱かったり、偏ったり
 して、それが原因で発達が遅れる、あるいはそれらが原因で不適応行動
 を起こし、それが問題行動となって現れるなどである。
・改善の方法としては、まず個々の子どもさんの発達の実態を把握する。
 その際の発達とは、認知、言葉、コミュニケーション、対人関係、社会
 性などの発達であり、それらの発達段階と個々の子どもさんの発達の特
 徴、例えば発語が極端に遅い、あるいは対人関係の実態が年令相応より
 も極端に遅れているなどを把握した上で、そこを起点(スタート)にし
 て、不十分であった「発達に必要は生活経験」を積み重ねていくという
 ものである。 
・発達の不安を改善するということは、ダイレクトに遅れている発達を伸
 ばす、問題行動をなくしていくということである。

 

 療育教室 楽しい広場は、「教育としての早期療育」である「発達療育」を基盤にして、これからも全国のたくさんの子どもさんの発達の不安を改善してまいる所存です。
 そして、同時に日本全国の多くの幼稚園教諭、保育士、児童デイサービスの職員の方々など、指導をする立場の方々に、「教育としての早期療育」である「発達療育」を理解していただき、実践に生かしていただけますよう精励する所存です。

 どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。