ナビゲーションメニューへ

代表挨拶

療育教室 楽しい広場代表 (専任療育指導員、専任相談員)

 い ざわ たか や
 伊  澤  崇  弥

  • 昭和31年(1956年)釧路市生まれ。
  • 昭和54年(1979年)に日本福祉大学を卒業。
  • 昭和57年(1982年)より、平成19年(2007年)3月31日まで北海道の知的障害養護学校に教諭として勤務。その間、昭和63年(1988年)よりボランティアとして、20年間、子どもの療育相談に携わる。携わった相談件数は、延べ約800件。
  • 平成19年(2009年)4月、NPO法人 療育教室 楽しい広場代表として、かつ専任療育指導者、専任相談員として活動を開始する。
  • これまで、楽しい広場として、延べ、2000件以上のお子さん、親御さんと、発達相談や言葉や考える力の向上のための指導を行い、電話・メール相談も、海外も含め300件以上行ってきた。
  • 1996年(平成8年)より、2011年(平成23年)年まで、岐阜大学教育学部附属障害児教育実践センター(現岐阜大学教育学部特別支援教育センター)研究員。これまでに研究論文を10本執筆。(うち、共同執筆1本)
  • 2020年(令和3年)9月に『障害以外から原因を考える「発達療育」』を執筆、電子書籍(北海道デジタル出版協会より出版)として販売をしている。
     

ごあいさつ

 「NPO法人 療育教室 楽しい広場」代表の伊澤崇弥です。

 療育教室 楽しい広場は、平成19年(2009年)4月に、発達に不安を感じる子どもさんの療育相談と子どもさんの言葉や考える力を伸ばす指導を主な事業として、札幌市白石区で活動を開始して以来、令和3年4月をもって、15年目に入りました。

  療育教室 楽しい広場が推し進めます「発達療育」の大きな特徴というのは「教育としての早期療育」ということです。
  言葉が出ない、言葉が遅い、友だちとの会話についていけない、突然別の話をし始める、ボーっとしていて自分の世界に入ることが多い、おうむ返しがある、多動で落ち着きがない、集団の活動でひとりすぐ別のところへ行ってしまう、かんしゃくが激しい、友だちとトラブルを起しやすい、緊張しやすく人見知りが強い、などの発達の不安が子どもさんにあるとき、それらの発達の不安の原因を、「発達に必要な生活経験が不十分ではなかったのか?」 というところから考えていきます。

 「何が不十分な生活経験だったのか?」を考えるとき、その基になるのが子どもさんの「発達の実態」です。
 「発達の実態」には、二つの内容があります。一つは「発達段階」。例えば、「3才で発語が10個程度しかない」という場合、まず基本となる言葉の発達段階を調べます。そしてその他に、認知、コミュニケーション、人とのかかわり、身体・運動、手指の巧緻性などの発達段階を調べ、全体としての発達を見ていきます。

 そしてもう一つは「経験の仕方」です。発達療育では、特にこれを重視します。つまり、「どのように生活をし、どのように経験をし、経験を通してどのように学習してきたか?」ということです。
  具体的には
(1)お母さんを中心とした人とのかかわり方
    ・お母さん
    ・お父さんや家族
    ・友だち など
(2)生活環境
    ・家庭
    ・保育園や幼稚園など
(3)身体的特徴
    ・視覚優位がないか
    ・触覚過敏や聴覚過敏などの感覚過敏がないか
    ・緊張しやすい、恐がりやすいなどの気質がないか
(4)自閉症など発達障害について
    ・診断や所見の有無
    ・診断や所見を受けたことによる親御さんの心理的影響 

 この「経験の仕方」を見ていくことにより、「なぜ、発達の不安が生じてきたのか」という原因を明らかにしていくことができます。そして、それは、「本来発達に必要な生活経験が不十分だったのではないか?」ということです。それが明らかになれば、その不十分であったと考えられる生活経験を補充して経験させることにより、発達を伸ばし、問題の行動を改善していきます。
 これが、「教育としての早期療育」です。最後にどうしても原因がはっきりせず、大きな発達の遅れが続く場合は、そこで初めて「障害」を考えます。

 この「教育としての早期療育」である「発達療育」の考え方と実践を日本中のたくさんの方々に知っていただき、それを使って療育をしていただき、多くの子どもさんが成長することによって、現状の早期療育を大きく動かすつもりです。
  たくさんの皆様のご支援、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。