ナビゲーションメニューへ

療育セミナー

 

    =第21回 札幌療育セミナーの開催のご案内=

 来る11月28日(日)、「第21回 釧路療育セミナー」を下記の通り開催いたしまします。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

 

【第21回 札幌療育セミナー】

〇日時  令和3年11月28日(日)、10時00分~12時00分
     (9時45分~受付)

〇テーマ 「繰り返し行動、こだわり行動だけでは自閉症ではない
            ~イチロー選手はもちろん自閉症ではない」

〇内容
(1)講演(60分) 
    講演者:療育教室 楽しい広場 代表  伊澤崇弥
(2)事例研究(60分)
    参加者全員で事例研究討議をいたします。

〇会場  札幌市社会福祉総合センター 第2会議室
       (札幌市中央区大通西19丁目1番1号)
       *地下鉄東西線「西18丁目」駅から徒歩5分

〇対象  幼稚園教諭、保育士、児童デイサービス指導員など

〇会費  お一人 2000円(資料あります)

〇定員  28名(本来会場は45名定員ですが、コロナウイルス対策
       と
いたしまして、定員を若干減らして実施いたします)

〇申し込み方法
  電話またはメールで、氏名・ご職業・所属先、及び土曜日もご連絡
  可能なご連絡先電話番号をご明示の上、療育教室 楽しい広場(担
  当:伊澤)までお申し込みください。締め切りは、11月27日
 (土)です。

〇その他  
  当日は、コロナウイルス対策として、ソーシャルディスタンスをと
  り、部屋の換気を随時行い、事前に机といすの消毒を行います。 
   

《療育教室 楽しい広場》 

(メールアドレス) tanoshi.ryouiku@gmail.com

(電話) 011-896-3204(担当:伊澤)

 

《今回の内容について》

 よく幼稚園や保育園の先生、児童デイサービスの児童員の方々の中で、子どもさんの中に「初めての活動や行動が苦手」「スケジュールの変更を嫌がる」「一人で遊ぶことが多く、遊びの種類や遊び方にこだわりがある」などの子どもさんがいると、そのこだわりや繰り返しをもって、自閉症を心配される方がおられます。これらについては、長くても4年や5年くらいしか生きてきていない子どもさんでは、生活経験が浅く、その影響で生じることが十分考えられます。

 自閉症ではなくても、繰り返し行動やこだわり行動をする人はたくさんいます。今回は自閉症の場合とそうではない場合の違いを、大リーガーとしての野球選手だった当時のイチロー選手の例を取り上げます。
 
生活から練習までの細かいルーティーンを毎日きっちり繰り返し行っていたイチロー選手が、一時期周りの人たちに「自閉症ではないか?」と言われていた例を取り上げ、考えていきたいと思います。