ナビゲーションメニューへ

ことば伸び伸び教室

 
ことば伸び伸び教室は、ことばが遅い、多動で落ち着かない、突然宇宙
 語やコマーシャルをしゃべり出す、同じ遊びしかせず友だちと遊ばな
 い、かんしゃくが激しいなど、幼児期から小学生の発達の不安を、「障
 害」以外の原因から考え、一対一の指導を通して、いろいろな刺激、遊
 び、会話を行い、改善していきます。
 
 
 
Ⅰ 具体的な対象となる子どもさんの例

1 言語面
(1)2~3才になっても発語がない、少ない。
(2)同じ年令の子供の発達よりも大きく遅れている。
(3)おおむ返しが多く会話にならない。
(4)友だちとの会話についていけない。
(5)独り言が多い。
(6)時々宇宙語を話す。
(7)突然アニメのセリフを言ったり歌を歌ったりする。
(8)会話の途中で突然違うことを言い出す。

2 行動面

(1)多動である。落ち着きがない。じっとしていない。
(2)他の子には関心がなく、自分のしたいことだけをやり、飽きたら自
   分の気に入った大人に甘える。
(3)集団行動からすぐ離れてしまう。飛び出す。
(4)友だちと一緒に遊べない。中に入れない。
(5)友だちと一緒に遊ぶが、すぐ自分勝手な行動をしてしまう。
(6)集団行動についていけない。
    → 先生の一斉指示だけでは一緒に行動できず、周りの子供の様
      子を見ながら遅れて行動する。
(7)幼稚園や保育園では楽しそうに過ごしているが、家に帰ると暴れた
   りかんしゃくを起こす。
(8)人見知りが強く、友だちとなかなかかかわれない。

 

3 感情のコントロール

(1)かんしゃくが激しい。
(2)自分でできることも母親にやってもらおうとし、母親がやらないと
   かんしゃくを起こす。
(3)幼稚園や保育園ではしっかりやるが、家に帰ると行動や態度が変わ
   って、母親に甘えだす。
(4)友だちと遊んでいて、自分の思うとおりにならないと、友だちをた
   たいたりする。

 

Ⅱ 指導の基本的な考え方

 まず根本的な考え方は、子どもさんの発達段階を正確に把握し、現在の発達段階に応じた適切な働きかけにより、発達を伸ばし、問題行動を改善し、発達の不安を解消していく、というものです。
 その中で「物をよく見る」ことを重要視します。それは、私たちの感覚の中で最よくも使われ、また、重要な情報を提供するのが「視覚」であるからです。そして、指導者と一対一で遊んだり学習をしたりする中で「よく見ること」を基盤にして、他のいろいろな感覚を統合することにより、見たものを「ことば」に換え、そのことばを使って考え、行動し、そして、その先には文字を読み、書くことに続いていきながら、子どもさんの成長を促していく、というものです。
 順序として次のように考えます。
   
〇物をよく見る。
      ↓
   〇よく見て動作をする。
      ↓
   〇見たもの、動作などを、ことばに置き換える。
      ↓
   〇ことばを使って考える。
      ↓
   〇考えながら、行動する。
      ↓
   〇文字を読む、文字を書く。 
      

 

Ⅲ 目的

1 考える力(思考力)を育てる。
2 文字を読む、書く力を育てる。
3 一対一のコミュニケーション能力を育てる。
4 集中力を育て、落ち着いて行動する態度を身につける。

 

 

Ⅳ 指導する主な内容

1 はさみで紙を切る。

2 ボールをける、転がす、投げる。

3 シールを貼る。

4 クレヨン、鉛筆、絵の具などを使った描き遊び。

5 積み木遊び

6 絵本の読み聞かせ

7 折り紙

8 カルタ遊び

9 手遊び

10 ビーズ遊び

11 ぬり絵

 

Ⅴ 「ことば伸び伸び教室」の基本的な指導の流れ

1 発達の実態の把握
  ・親御さんに成育歴や現在の行動の様子を伺い、指導者が一緒に遊ん
   だり学習をしたりしながら、子どもさんの発達の実態を把握する。
2 指導内容、方法の決定
  ・発達の実態把握を基に、具体的な指導内容、方法を決定する。
3 一対一の指導
  ・「人とかかわる力」を育てることを、重点内容とする。
  ・正確な発達の実態の把握を基に、個々の子どもさんの発達の実態
   に応じた、適切な指導内容、方法で、指導を進める。
4 家庭での取り組み
  ・家庭でのかかわり方、働きかけの仕方について、適宜、アドバイ
   スを行う。

 

Ⅵ 指導について

★利用の日時
 月ごと、療育教室の開催日時と会場をこのホームページとブログでお知らせいたします。

【10月の予定】

  〇13日(日)    9:00~16:00
    (会場)札幌市教育文化会館 304研修室
  〇14日(月:祝日) 9:00~16:00
    (会場)札幌市教育文化会館 303研修室

《予約の時間帯』
    9:00~10:00
   10:15~11:15
   11:30~12:30
   12:45~13:45
   14:00~15:00

   
      

 

★料 金

  1回1時間、3000円、 

★申し込み
 予約制。電話又はメールで療育相談をお申し込みください。

  電話        011-896-3204

  メールアドレス   mail@tanoshi-ryouiku.com

 

*なお、「楽しい広場のブログ」で、具体的な指導方法、指導理論、実際の指導事例などを掲載しておりますので、ご覧ください。