ナビゲーションメニューへ

個別療育相談

 発達に不安のある子どもさんについて、子どもさんの成育歴や現在の行動の様子を伺い、更に指導者が一緒に遊んだり、学習をする中で、子どもさんの発達の実態を正確に把握した上で、発達の不安の原因を明らかにし、親御さんに対して、子どもさんの発達の不安を改善していくための、子育ての具体的なアドバイスをいたしす。              

 

【相談における、子どもさんの成長に不安を感じる問題行動の具体例】

【言語面】

1 2~3才になっても発語がない、少ない。       
2 同じ年令の子どもの発達よりも大きく遅れている。
3 おおむ返しが多く、会話にならない。
4 友だちとの会話についていけない。
5 独り言が多い。 
6 時々宇宙語を話す。
7 突然アニメのセリフを言ったり、歌を歌ったりする。
8 会話の途中で、突然違うことを言い出す。 

【行動面】

1 多動である。落ち着きがない。じっとしていない。
2 他の子には関心がなく、自分のしたいことだけをやり、飽きたら自分
  の気に入った大人に甘える。
3 集団行動からすぐ離れてしまう。飛び出す。
4 友だちと一緒に遊べない。中に入れない。
5 友だちと一緒に遊ぶが、すぐ自分勝手な行動をしてしまう。
6 集団行動についていけない。
   → 先生の一斉指示だけでは行動できず、周りの子どもの行動を見
     ながら遅れて行動する。
7 幼稚園や保育園では楽しそうに過ごしているが、家に帰ると暴れたり
  かんしゃくを起こす。

【感情のコントロール】
1 かんしゃくが激しい。
2 自分ができることも母親にやってもらおうとし、母親がやらないとか
  んしゃくを起こす。(依存)
3 幼稚園や保育園ではしっかりやるが、家に帰ると行動や態度が変わ
  り、母親に甘えだす。
4 友だちと遊んでいて、自分の思うとおりにならないと友だちをたたい
  たりする。

 

 

【療育教室 楽しい広場の基本的な考え方】

 発達とは本来「流れている」ものです。しかし、その中で、言葉の発達が遅い、多動である、かんしゃくが激しい、友だちと遊べないなど、発達に不安があるということは、何らかの理由で、そのお子さんの発達の流れが遅くなっている、あるいは、絡まったり固くなって、流れが滞っている、と考えられます。
 「発達療育」における適切な働きかけとは、本来の適度な速さで流れていない発達を「動かす」ことです。遅れていれば後ろから押し、絡まっていれば解きほぐし、固まっていれば柔らかくする。つまり、「発達に応じた経験をさせる」ということであり、それは「学習する」ことにつながります。そして、そうすることによって、発達が順調に流れだし、その結果、同じ年令の発達段階に近づき、追いつき、追い越し、それによって子どもさんの豊かな発達が実現すると考えます。

 

 

 【療育相談の実際】

 次の3つの段階にしたがって進めていきます。

(1)子どもさんの発達段階を把握する。
    → 療育教室 楽しい広場で作成した「子どもの発達概略表」を
      基に、親御さんとの面談で成育歴や現在の行動の様子を伺 
      ったり、実際に絵カードを使って子どもさんの言葉の理解の
      状態を見て、知的な発達段階を把握してく。

(2)子どもさんの、発達の不安の原因を明らかにする。
    → 子どもさんの発達段階を把握し、発達のどこが遅いのか、な
      ぜ遅いのかなどの、不安の原因を明らかにしていく。

(3)子どもさんの発達の不安を改善していくための具体的な方法をアド
          バイスする。
           → 基本的に、今遅い、あるいは弱い発達の面の実際の発達段
      階を把握し、そこから次の発達に進むために何をすればよい
      かを明らかにしていく。

 《例えば》

 ・4才で癇癪が激しい子どもさんの場合、3才から4才にかけて伸長する「自律性」、つまり自分の行動を自分でコントロールする力が、しっかり身についていないことが考えられます。言い換えると、自律性とは、自己主張と自己抑制のバランスが取れていない、と言うことが言えます。自己抑制の経験が少ないと言うことが考えられます。そこで、どうしたら、自己抑制ができるか、自律性が伸ばせるかをアドバイスしていきます。

 

・3才~5才くらいのお子さんで、宇宙語のように周りからは意味が分からないことを一人でしゃべっていたり、会話をしていて、突然違う話題を話すと言うことがあります。これは、「同時処理機能」という脳の情報処理の仕方が強い子どもさんの場合、よくみられます。もちろん、障害ではありません。「同時性処理機能」とは、複数の情報を視覚を中心に全体的・一括的処理する脳の機能のことです。そして、そういう場合、「同時性処理機能」対になって考えられている「継次性処理機能」、これは情報を聴覚を中心に順番に・継続的に処理する機能ですが、これが少し弱いと考えられるので、これを意識的に伸ばすような働きかけ、具体的には「順番に物事を記憶していく力をつける」ために、絵本の読み聞かせや手遊び、リトミック、しりとり、トランプを使ったカードあてゲームなどのアドバイスをします。

 

相談について
 

1 申し込み、お問い合わせ

 予約制です。メールでご連絡ください。

  メールアドレス     mail@tanpshi-ryouiku.com

 

2 利用の日時
 
平成26年4月1日より、代表の伊澤が、月曜日から金曜日までの平日、「NPO 星槎札幌教育センター」が運営します、放課後等デイサービス「星の音(ね)」に勤務することになり、さらに、平成26年11月30日をもって、札幌市白石区の楽しい広場の教室を閉鎖いたしました。それに伴いまして、利用可能の日時を、以下のようにいたします。

 基本的に毎月2回(9時~18時まで)
 平成31年1月は13日(日)1回を予定しています。会場は、「星槎札幌北学習センター」(札幌市北区北11条西4丁目2-3、ラビドールN11 2階)の予定です。 
 

3 料金

 1回1時間、3000円、90分 5000円(具体的な指導も行います)

 

*なお、「楽しい広場のブログ」で、具体的な指導方法や指導理論、実際の指導事例などを掲載しておりますので、ご覧ください。