ナビゲーションメニューへ

個別療育相談

 発達に不安のある子どもさんについて、子どもさんの成育歴や現在の行動の様子を伺い、更に指導者が一緒に遊んだり、学習をする中で、子どもさんの発達の実態を正確に把握した上で、発達の不安の原因を明らかにし、親御さんに対して、子どもさんの発達の不安を改善していくための、子育ての具体的なアドバイスをいたします。              

 

【相談における、子どもさんの成長に不安を感じる問題行動の具体例】

【認知・言語面】

1 2~3才になっても言葉が出ない。

2 友だちとの会話に入っていけない。

3 相手が言っていることを理解できないことが多い。

4 話をしていて、突然別の話題の話をし始める。

5 一人で宇宙語のような、意味がよくわからないことをしゃべっている。 

 

【行動面】

6 椅子に座っていられず、勝手に動き回ることが多い。

7 靴を履いたり、着替えなど、自分でできることを、母親や他の大人にやっ
  てもらいたくて、泣き叫ぶ。

8 みんなが座っていたり、整列しているときに、勝手に離れて行ってしまう。

9 大勢の人がいるところが苦手で、保育園や幼稚園などで、一人で遊ぶこ
  とが多い。

10 自分の好きな遊び、あるいは、一定の手順や物(例えば、エレベーター
  やドアの開閉など)へのこだわりを、やめさせようとすると、泣いたりかん
  しゃくを起こす。

11 相手をたたいたり、けんかをするなど、友だちとトラブルが多い。

12 自分が好きなことはどんどんやるが、興味のないもの、やりたくないもの
  は、全くやろうとしない。

13  癇癪が激しく手を焼いている。

 

【全体的な発達】

14 次年度の就学を控え、言葉の理解が遅い、全体への指示を聞いて、集
  団行動を取ることがうまくできない、友だちとのトラブルが多いなど、発達
  の遅れや、行動面の不安がある。

 

 

【療育教室 楽しい広場の基本的な考え方】

 楽しい広場では、主に幼児期の子どもさんで、例えば、2才、3才で発語がない、多動である、感情のコントロールができない、などの発達に不安がある子どもさんに対して、発達障害があるとかないとかいう前に、子どもの一般的な発達の流れを基準にして、それを基に、個々の子どもさんの発達の実態を正確に把握し、比較した上で、発達の不安の原因を明らかにし、それに応じた適切な方法により、発語がなければ言葉を出す、多動であれば多動を落ち着かせる、感情のコントロールができなければ感情をコントロールさせる指導を行い、それに沿ったアドバイスをいたします。

 

 【療育相談の実際】

 次の3つの段階にしたがって進めていきます。

(1)子どもさんの認知的な発達段階を把握する。
    → 発達の不安の主な原因が、知的な発達の大きな遅れではない
       か、どうかを確認する。方法は、親御さんに成育歴や現在のこども
       さんの行動の様子を伺ったり、ピアジェの認知発達段階説を基本に
       して、絵カードを使って子どもさんの言葉の理解の状態を見て、知
       的な発達段階を把握していく。

(2)子どもさんの、発達の不安の原因を明らかにする。
    → 親御さんから成育歴や現在の行動の状態を伺い、更に指導者が一
      緒に子どもさんと遊んだり、学習をしたりする中で、現在の発達の状
      態と一般的な発達の流れを比較しながら、発達の不安の原因を明ら
      かにしていく。

(3)子どもさんの発達の不安を改善していくための具体的な方法をアドバイス
  する。
    → 療育教室 楽しい広場で作成した小冊子『子どもの発達の不安を改
      善する「発達療育」を基に、原因に応じた適切な指導方法を提示し、
      説明をする。 

 《例えば》

 ・癇癪が激しい子どもさんの場合、3才から4才にかけて伸長する「自律性」、つまり自分の行動を自分でコントロールする力が、しっかり身についていないことが考えられます。言い換えると、自律性とは、自己主張と自己抑制のバランスが取れていない、と言うことが言えます。たぶん、自己抑制の経験が少ないと言うことが考えられます。

 そこで、どうしたら、自己抑制ができるか、自律性が伸ばせるかをアドバイスしていきます。

 

・3才~5才くらいのお子さんで、宇宙語のように周りからは意味が分からないことを一人でしゃべっていたり、会話をしていて、突然違う話題を話すと言うことがあります。これは、「同時処理機能」という脳の情報処理の仕方が強い子どもさんの場合、よくみられます。もちろん、障害ではありません。「同時性処理機能」については、療育教室 楽しい広場のブログ、2013年11月5日付「発語の遅れの原因として考えられること その2:同時処理機能が特に強い場合」を参照していただくようにお話をいたします。そして、アドバイスとしては、このまま会話の経験をしていけば、だんだんなくなっていくとお答えしています。

 

相談について
 

1 申し込み、お問い合わせ

 予約制です。メールでご連絡ください。

  メールアドレス     mail@tanpshi-ryouiku.com

 

2 利用の日時
 
平成26年4月1日より、代表の伊澤が、月曜日から金曜日までの平日、「NPO 星槎札幌教育センター」が運営します、放課後等デイサービス「星の音(ね)」に勤務することになり、さらに、平成26年11月30日をもって、札幌市白石区の楽しい広場の教室を閉鎖いたしました。それに伴いまして、利用可能の日時を、以下のようにいたします。

  毎月2回(9時~18時まで)
  平成30年4月は8日(日)、29日(日)を予定しています。会場は、「星槎札幌北学習センター」(札幌市北区北11条西4丁目2-3、ラビドールN11 2階)の予定です。 
 

3 料金

   1回1時間、3000円、  90分 5000円(具体的な指導も行います)

 

*なお、「楽しい広場のブログ」で、具体的な指導方法や指導理論、実際の指導事例などを掲載しておりますので、ご覧ください。