ナビゲーションメニューへ

障害以外の原因を考える(10) 手をひらひらするなど特徴的な行動が見られる

2019/05/01(水) 14:15 | izawa

 札幌市幼児教育センターの「アセスメントチェックシート」を使った、障害以外の原因を考えるシリーズは、今回で終了です。

 今回は、「手をひらひらするなど特徴的な行動が見られる」です。「アセスメントチェックシート」のチェック項目を見てみます。

【手をひらひらするなど特徴的な行動が見られる】
(支援有)
 ・手をひらひらさせる、くるくる回る、繰り返しジャンプする、高い所
  に登りたがるなど特徴的行動が多く(目立ち)個別の配慮が必要であ
  る。
(支援無)
 ・特徴的な行動は見られない。
 

 さて、世界の標準的な医学の診断基準の一つである、DSMー5、つまりアメリカ精神医学会刊行の「精神疾患の診断・統計マニュアルー第5版」が、2013年に出されました。
 その中で、自閉症スペクトラムを「定義する症状」として、大きく次の2つが挙げられています。
  ①社会的コミュニケーションの障害
  ②興味の限局、常同的反復的行動 

 おそらく、これを意識して、アセスメントチェックシートにもチェック項目として入っていると思われます。

 さて、アセスメントチェックシートのチェック項目に書かれている、「特徴的行動」をどのように解釈するかですね。私が以前養護学校に勤務していた時に、「手をひらひらさせる」「体を前後に大きく揺らす」などを、日常的によくしていた子どもさんはいました。ただ、くるくる回るとか高い所に登りたがる子どもさんはいませんでしたね。しかし、これもどれくらいの頻度で、どのような様子か、というのも実際に見てみないと分かりません。このあたりは特徴的な行動と言われるものが、個別の配慮が必要なものなのかが、一つの目安でしょうか。ただ、なんでもかんでも「特徴的行動」にして、心配しすぎないことも必要です。