ナビゲーションメニューへ

第3回 楽しい広場 療育セミナーのご案内

2017/12/17(日) 22:07 | izawa

 療育教室 楽しい広場では、下記の通り、第3回 楽しい広場 療育セミナーを開催いたします。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

《第3回 楽しい広場 療育教室》

○日時   平成30年(2018年)1月14日(日)
       10:00~12:00(9:45~受付)

○テーマ  「絵カードを使った認知の発達の把握の方法について」
         ー幼児教育の現場で活用する方法ー

○講演   (講演者) 療育教室 楽しい広場 代表  伊 澤 崇 弥

○会場   星槎札幌北学習センター(札幌市北11条西4丁目2-3、
       ラビドールN11 2階)地下鉄北12条駅から徒歩5分

○対象   幼稚園教諭、保育士、児童発達支援事業所指導員など。

○会費   お一人2000円(資料あります。)

○申し込み方法
       メールで、氏名、ご職業を明示の上、療育教室 楽しい広場までお 
       申し込みください。締切は、1月13日(土)までです。

○メールアドレス   mail@tanoshi-ryouiku.com

 

絵カードを使った認知の発達の把握の方法について

 発達に不安のある子どもさんの療育を行うときに、まず基本になるのは、認知面の発達の把握です。認知面の発達は、他のいろいろな発達に影響を及ぼす発達の中心となるものです。
 楽しい広場では、例えば療育相談を行うとき、1時間の中で、ある程度の子どもさんの認知面の発達段階を把握するようにしています。その方法が、絵カードを使った言葉の理解を見る方法です。例えば、今2才~2才半くらいであるとか、3才は超えているなどというように、ピアジェの認知発達段階説を基に、そのお子さんの認知面の発達段階を把握し、更に親御さんにお子さんの成育歴や現在の行動や生活の様子を伺います。そういう中から、言葉、コミュニケーション、人とのかかわりなどの知的な発達の状況を把握していきます。
 つまり、認知面の発達段階を把握するということは、子どもさんへのこれからの指導、働きかけをするときの、発達上の「基点」を作る、ということなのです。