ナビゲーションメニューへ

第1回 楽しい広場 療育セミナーの報告:遊具の使い方

2017/09/26(火) 22:33 | izawa

 9月24日(日)、第1回療育セミナーを行いました。参加されたのは、児童発達支援事業所に指導員として勤務されている方お一人でしたが、今回はセミナーを行いました。

 内容は、予定を変更をして、実際の現場で分からないこと、疑問に思っておられることを質問していただき、伊澤が答える形をとりました。内容は多岐にわたりました。

 ・お母さんが先回りして子どもにしてあげる
 ・どうして言葉が出るのか?
 ・お母さんとのかかわりを増やすとは具体的にどういうことか?
 ・なぜ絵本を読むのか・・・読みながら子どもに注視をさせる
 ・自律性
 ・同時処理機能
 ・描くことと発達段階
 ・相手を見て、話を聞く・・・「学習する態勢」の重要性

 それらの中で、今回、遊具について話をしたことを紹介します。
 参加された方の事業所では、多分、感覚統合で使われるような、いろいろな遊具があるそうで、ただ、それらの遊具を使うときに、何のためにこの遊具を使うのかとか、この子どもにこの遊具は必要なのかなどを考えてしまって、遊具を使いきれていない、とのことでした。

 ここで伊澤は次のように話をしました。
 まずどんな遊具でも、子どもが一緒に楽しく遊べるのであれば、どんどん使って良いと思います。たとえば、指導員やお母さんと楽しく遊ぶことによって、楽しさを共有する、うれしそうなまなざしや表情を共有する、一緒に遊ぶ遊具を共有するなど、いろいろなものを共有することにより、相手をより意識し、注意をして見るようになります。それによって、「人の気持ちや心を感じ取る」共感性が育っていきます。
 さらに、楽しく一緒に遊ぶということは、声、動作、表情、しぐさ、そして言葉など、いろいろなコミュニケーション手段を使って、どんどん豊かにかかわっていく、ということですから、もし子どもさんが、発語がなかったり、遅かったりしている場合は、豊かなかかわりの先に発語があると発達療育では考えますから、発語に、あるいは、発語が増えていくことに、とても良い影響を与えると考えます。

 このような話を今回、参加してくださった指導員の方と、深く掘り下げてすることができました。ありがとうございました。

 第2回は、11月23日(木:祝日)に行う予定です。どうぞ、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。