ナビゲーションメニューへ

教育と支援の履き違え

2017/08/04(金) 21:30 | izawa

 私(伊澤)は、知的障害の養護学校を退職して10年になります。平成19年3月に退職したのですが、そのころから、障害児教育が「特別支援教育」に変わるときでした。それまでの障害児の教育を、特別に支援を必要とする子どもさんのための教育にしようとする一つの節目でした。

 ただ、そのころ、校内の研修などで、子どもを「教育する」あるいは「指導する」のではなく、子どもたちを「支援する」と言って、はばからない教師が何人かいましたね。今でもいるのでしょうかね。

 支援は助けること、援助すること、もちろん「指導する」「教育する」とは、全く別です。支援は福祉がすること。個々の人、子どもたちが、生活する上で、困難、不安があれば、それを取り除く、ありいは限りなく少なくし、生活に適応していくためのスキルを身につけて、豊かに生活することを目指しています。

 一方、「教育」は、障害があろうが無かろうが、人間として生きていく上で必要ないろいろな発達、そして能力を伸ばしていくことです。今の早期療育は、発達が遅れている子どもたちに対して、発達が遅れている=障害であるとし、障害児には福祉が必要で、人間の根幹にかかわる、重要な発達を伸ばすことはしない、という療育をしています。

 

★遅れている発達を伸ばそう、問題行動を改善しよう。このシンプルで大事なこ
 とを、楽しい広場の発達療育で行います。これは、これからも、言い続けま
 す。