ナビゲーションメニューへ

第1回 子育てサークルのご案内~かんしゃくの発達障害以外の原因をしっかり考えます。

2022/05/01(日) 10:08 | izawa

 療育教室 楽しい広場では、5月15日(日)10:00~12:00、札幌市社会福祉総合センター 第3会議室で、「第1回 楽しい広場の子育てサークル」を開催いたします。

 今回は、子どもさんの「かんしゃくが激しい」に関して、発達障害以外の原因と改善の方法について皆さんと一緒に考えていきます。

 私(伊澤)も15年間早期療育に、そしてその前は25年間特別支援教育に携わり、子どもさんが育っていく姿をそれこそたくさん見てきました。

 そのような中で、子どもさんの年代は幅がありますが、それでも「かんしゃくが激しい」原因が、自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害と呼ばれるもの以外にたくさんあることを知っています。

 では、それはどのような原因が考えられるでしょうか。

 一つは、「待つ」とか「我慢する」という「自分を抑える経験」をしていない場合、別な言い方をしますと、お母さんやお父さんがそういう経験をさせていない場合です。

 「えっ、こんなにかわいい2才児や3才児にもそういうことをさせるんですか?」というお母さんもいらっしゃるかもしれませんね。でも、もちろんさせるんです。させないと、かんしゃくが激しくなってもおかしくはありません。

 二つ目は、身体的特徴がある場合です。特に触覚過敏や聴覚過敏などの感覚過敏や、「ぐずりやすい」「泣きやすい」などの生まれつきの体質をもっていると考えられている、発達心理学でいう「気質」などです。

 基本的にはこの二つが大きな原因ですが、それに個々のご家庭でのお子さんの生活経験の仕方がかかわってきますので、考えられる原因はもっともっと多くなります。

 療育教室 楽しい広場が推し進める「発達療育」では、この「生活経験」を重視して、子どもさんの発達の遅れや問題行動の原因を考えていきます。そして、その原因が分かれば、改善の方法も考えていくことができます。

 「地に足をつけた子育て」をするために、発達障害以外の原因をご一緒に考えてみませんか。

 詳しくは、ホームページメニューの「療育セミナー」をご覧ください。たくさんの方々のご参加をお待ちしております。