ナビゲーションメニューへ

ブログ

2017/12/26(火) 22:01 | izawa

 Mくんは、今年2月に、楽しい広場の「ことば伸び伸び教室」を卒業しました。「ことば伸び伸び教室」というのは、ことばはもちろんですが、考える力、つまり思考力を伸ばす、あるいはもっと広く知的な力を伸ばしていくための指導をするものです。Mくんは、4年2か月、お母さんと一緒に通いました。

 教室に通い始めた大きな理由は、幼稚園で先生のお話をみんなで聞いていたり、絵本の読み聞かせなどのとき教室から出て行ってしまう、あるいは勝手に職員室に行ってしまうということ、それからことばは三語文は出てもオオムがえしが多いことでした。ただ、人の様子をみて行動していましたし、伊澤と「おやつ食べる?」「ハイ」と答えて、お母さん以外の大人との会話もできていました。

 指導は、パズルや積木、レゴなどで遊んだり、絵本の読み聞かせをしたり、絵カードを使って物の名前をいう、分類をする、動詞をいうなど認知面の力を伸ばしたり、リトミックをしたり、絵を描いたり、いろいろな内容を取り組み、年長組のときにはひらがなやカタカナが読めて、1~10までの数量の関係、つまり「2個と3個と合わせて何個?」(足し算)や「7個から4個取ったら残りは何個?」(引き算)が分かり、知的な発達には、遅れがあるとは思えませんでしたし、行動の方も発表会や卒園式では一人できちんと参加できるようになりました。ただ、一つ大きな課題があり、それは年長さんになっても、仲の良い友だちがいない、友だちと遊ばない、友だちの名前が出てこない、つまり友だちとのかかわりがほとんどない、と言うことでした。

 ただ、教室を飛び出したりはしませんし、学力も遅れているわけではなので小学校は通常学級に入り、実際1年生の間、学力は問題ありませんでした。ただ、友だちとのかかわりがない。当然周りは、発達障害、自閉症(今は自閉症スペクトラムと呼んでいます)ではないか、などという人たちはたくさんいたことでしょう。それでも、お母さんは毎月、楽しい広場に通ってくださいました。私としては、大人とのかかわりは十分できているので、必ずその次の段階、つまり子ども同士のかかわりの段階に行くと思っていました。それで、年長の夏休みくらいからずっと、お母さんに「幼稚園から帰ったら、今日何をしたの。だれと遊んだの?。」などときいて、子どもさんの名前が出てこないか、確かめてくださいとお願いしました。それから、小学校1年生の9月くらいまで、なかなか出てきませんでした。この間、指導する側の私に焦りが無かったかと言うと、やはり少しはありました。しかし、ついに、というかとうとう10月に友だちの名前が出るようになり、同時に学校の先生から、「友だちの名前を覚えて、協力してできるようになりました。」と伝えられました。そして、12月には15人くらいの友だちの名前が出てきて、顔と名前が一致していたということでした。

 それで、1年生の3学期の2月、楽しい広場を卒業することになりました。4年2か月、毎月1回、お金も必要、その中でよくお母さんは通ってくださったと思います。なんでそんなに続いたのかと考えると、指導する方としては、毎回少しずつですが、お母さんのお話や教室での指導の中で成長したところがあったことです。不思議とそうでした。そうでなければ、同じ状態が続いたり、マイナスな状態が続いたりしたら、なかなか続けられるものではありません。それから、Mくんは何があってもお母さんの言うことは、ちゃんと聞きました。

 お母さんは、どうだったのでしょう。お母さんは、子どもさんの成長をずっと信じていたのではないかと思います。信じると言えば簡単ですが、4年2か月の間伸びるものは伸びても、友だちとのかかわりが出なくて、その不安はずっとあったと思うのですが、どこかに母親としての確信があったのではないかと、私は思います。母親の執念というものかもしれません。

 療育という面でいうと、小学校1年生の後半で友だちとのかかわりが出だす、ということが、実際にあり得るということです。それは、大人とのかかわりが十分にできている、という発達の流れを考えると発達の順序に沿った形のものです。友だちとのかかわりに弱さ、不安をもっている子どもさんや親御さんにとって、そして私のような指導者にとって、とてもうれしいMくんの成長です。そして、お母さんのご努力に感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/12/25(月) 21:26 | izawa

 今から10年前の、療育教室 楽しい広場の活動を開始した平成19年の年も押し詰まった12月30日だったと思います。営業はしていましたが、さすがに来られる方はいないかな、と思っていたところ、電話があって、療育相談の申し込みがあり、その日にお母さんと男のお子さんが来られました。多分3才くらいだったと思います。

 白石の教室まで道がよくわからなかったようで、私が地下鉄の白石駅の上のバスセンターへ、迎えに行きました。ちょうどみぞれというか雨が降っていたのを覚えています。ちょっと不安そうなお母さんとお子さんを、白石の教室に案内をして話を伺うと、お子さんが緑内障で、将来視力がなくなると言われている。なので今できることをしてあげたい、ということでした。

 実はその時、今楽しい広場でやっている「ことば伸び伸び教室」のような子どもさんの継続的な直接の指導は行っておらず、療育相談だけでした。このとき、子どもさんに自分が指導をすることができず、ただ、お母さんへのアドバイスだけで終わりました。お子さんの病気、そして、年の瀬の雨の日にでも、探して楽しい広場に来ていただいた、というお母さんの思いに応えられなかったことが、悔いであり、自分のふがいなさでもありました。

 それから、楽しい広場で継続的な直接の指導を始めました。指導をするということは、当たり前のことですが、その人の指導する力が問われます。ましてや、お金をいただいて行う指導では当然です。最初はやはり、こわいです。自分が評価されることですから。しかし、楽しい広場を始めたこの年の瀬に来ていただいた、お母さんとお子さんのことを考えると、やるしかない、と踏ん切りがつきました。今につながる、お母さんとお子さんとの出会いでした。

 

 

2017/12/24(日) 22:39 | izawa

 療育教室 楽しい広場が始まって、平成29年は10年目の年でした。来年平成30年は11年目になります。

 このNPO法人としての療育教室 楽しい広場を始める前、25年間知的障害の養護学校の教諭を北海道でやっていました。私(伊澤)は、25才で教諭になり、5年後の30歳のとき、今でもありますが、「子供の城」というダウン症の子どもさんの早期療育を行う団体がありまして、そこが札幌でも教室を開くことになり、自分もボランティアとして指導員をやり始めました。その後、10年続けることになるのですが、最初の年、養護学校の教員を5年やっていましたが、子どもの発達のことは体系的には分からず、自分なりに手探りの状態でした。

 その当時日曜に行っていて、他にも数人指導員の方がおられて、それぞれ教室に来られた子どもさんの担当がありました。自分も何人か受けもっていたのですが、何回か通われたあるお母さんから、「担当を変えていただけませんか?」と言われました。つまり、「あなたではだめだから、別の人に変えてください。」ということです。もちろん、他の指導員の方に受け持ってもらいました。今思っても、そのお母さんが気まずそうな感じではなく、自然な感じで言われたように記憶しています。

 その時、悔しいというよりも、自分の指導員としての専門性のなさを自覚しました。このままじゃだめだ、と。そして、もし自分が親だったらそのお母さんと同じことをするだろうと思いました。そこからが、今の楽しい広場のスタートだったように思います。

 

 

 

2017/12/17(日) 22:17 | izawa

 来年1月の療育教室ですが、8日(月:祝日)と21日(日)に行います。詳しくは次の通りです。

○会場  星槎札幌北学習センター(札幌市北区北11条西4丁目2-3、ラビドー
      ルN11 2階) 駐車場あります。

○料金  1時間3000円

○申し込み  メールでお問い合わせ、お申し込みください。

○メールアドレス   mail@tanoshi-ryouiku.com

お待ちしております。

2017/12/17(日) 22:07 | izawa

 療育教室 楽しい広場では、下記の通り、第3回 楽しい広場 療育セミナーを開催いたします。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

《第3回 楽しい広場 療育教室》

○日時   平成30年(2018年)1月14日(日)
       10:00~12:00(9:45~受付)

○テーマ  「絵カードを使った認知の発達の把握の方法について」
         ー幼児教育の現場で活用する方法ー

○講演   (講演者) 療育教室 楽しい広場 代表  伊 澤 崇 弥

○会場   星槎札幌北学習センター(札幌市北11条西4丁目2-3、
       ラビドールN11 2階)地下鉄北12条駅から徒歩5分

○対象   幼稚園教諭、保育士、児童発達支援事業所指導員など。

○会費   お一人2000円(資料あります。)

○申し込み方法
       メールで、氏名、ご職業を明示の上、療育教室 楽しい広場までお 
       申し込みください。締切は、1月13日(土)までです。

○メールアドレス   mail@tanoshi-ryouiku.com

 

絵カードを使った認知の発達の把握の方法について

 発達に不安のある子どもさんの療育を行うときに、まず基本になるのは、認知面の発達の把握です。認知面の発達は、他のいろいろな発達に影響を及ぼす発達の中心となるものです。
 楽しい広場では、例えば療育相談を行うとき、1時間の中で、ある程度の子どもさんの認知面の発達段階を把握するようにしています。その方法が、絵カードを使った言葉の理解を見る方法です。例えば、今2才~2才半くらいであるとか、3才は超えているなどというように、ピアジェの認知発達段階説を基に、そのお子さんの認知面の発達段階を把握し、更に親御さんにお子さんの成育歴や現在の行動や生活の様子を伺います。そういう中から、言葉、コミュニケーション、人とのかかわりなどの知的な発達の状況を把握していきます。
 つまり、認知面の発達段階を把握するということは、子どもさんへのこれからの指導、働きかけをするときの、発達上の「基点」を作る、ということなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/11/23(木) 18:26 | izawa

 12月は3日(日)と10日(日)に療育教室を行います。会場は、星槎国際高等学校札幌北学習センター(札幌市北区北11条西4丁目2-3、ラビドールN11 2階)です。料金は、1時間3000円で、駐車場はあります。発達に不安のおもちのお子さん、親御さん、一度是非いらしてください。お問い合わせ、申し込みはメールでお願いいたします。

  メールアドレス   mail@tanoshi-ryouiku.com

  

2017/11/23(木) 18:05 | izawa

 本日11月23日(木:祝日)、10:00~12:30、星槎高等高等学校札幌学習センターを会場に、第2回療育セミナーを行いました。幼稚園の先生が4名、児童発達支援事業所及び放課後等デイサービスの指導員の方々がお一人ずつ、計6名の方々に参加していただきました。発達に遅れや不安ある子どもさんを目の前にしたとき、実際に発達の遅れを伸ばし、問題の行動を改善する指導をする指導者にたくさん出ていただきたくて始めた講演会です。今日もとても熱心に話を聞いていただき、また、参加者の方々からもお話をたくさんいただきました。ありがとうございました。一回ずつ一回ずつ積み上げて、たくさんの子どもさんたちのために、役立つができたら嬉しい限りです。本日参加いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

2017/11/07(火) 22:30 | izawa

 11月5日(日)の療育教室に、ちょうど5才の男のお子さんが来られました。二年前、3歳間近で発語が少なく、ことば伸び伸び教室に約3か月通っていただいて言葉がどんどん出てきて、教室も終了となりました。そのお子さんのお母さんからメールをいただきました。

 幼稚園で日常の生活で、大きなトラブルがあるわけではないが、自分が嫌だと思ったとき、あるいはやりたくないことのとき、例えば運動会で付ける衣装を絶対つけたがらない、老人ホームで披露するためにみんなで歌を練習するとき歌いたくなくて、耳をふさいで参加しなかったり。耳をふさぐというのが、やはりお母さんにとっては、衝撃的だったようです。今のお子さんの様子を聞いても、特に我慢ができなかったり、駄々をこねたりすることもないとのこと。だとすれば、どうして?ということになりました。

 それで、お母さんのお話を聞いていくうちに、なるほどと思ったのが、最近まで幼稚園で友だちと遊ぶことが無く、一人遊びが多かったのですが、最近ようやく友だちの名前と顔が一致するようになり、友だちと遊ぶようになってきたとのことでした。ようやく、友だちを意識するようになってきたのですね。子どもは、3才くらいまでは、大人とのかかわりが中心ですが3才、4才くらいから友だちを意識し、友だちとのかかわりに広がっていきます。ただ、大人は合わせてくれますが、友だちは最初は合わせてくれませんので、真剣勝負になり、この段階でつまづいたり、足踏みをしてしまうお子さんもいるのですね。

 ただ、このお子さんの場合、友だちとのかかわりが少なかったので、自分の思う通りにやれてきたのでしょう。おうちでも、そんなに、自分を抑えることはなかったのでしょう。別に我慢ができないわけでは無いお子さんですから、我がままでも無いわけです。ただ、子どもは、4才、5才くらいになっていきますと、友だちとのかかわりは広がっていきます。楽しいこともたくさんありますが、嫌なこと、我慢することも同じようにあります。そういうかかわりの中でもまれて、自己主張と自己抑制のバランスが取れていくのでしょうね。このお子さんの場合は、この友だちとのかかわりが少なかったので、真剣勝負での自己抑制の経験が少なく、幼稚園の生活の中で、自分が嫌なこと、やりたくないことの時は、耳をふさぐような激しい拒否反応ができたのではないかと思います。逆に、これから友だちとのかかわりが増えて、もまれていけば、自己主張と自己抑制のバランスがとれるようになると思います。つまり、「自律性」伸びてくると言うことです。

 友だちとのやりとりと言うのは、本当に、子どもさんの発達に重要なことだと、改めて感じました。

 

 

 

 

 

2017/11/03(金) 15:20 | izawa

 11月になりましたが、札幌は、優しく暖かい日です。街中でも、いろいろな紅葉が見られます。北大のポプラも、まだ黄色く葉をつけているでしょうか?冬が来る前、今日のような、妙に優しく、暖かい日が何日かあるんですね。冬が来る前の緊張感をほっとほぐしてくれる感じです。

 さて、楽しい広場の療育教室ですが、あさっての5日(日)と19日(日)に行います。まだ、空きはありますので、お子さんの発達に不安をおもちのお父さん、お母さん、お金はかかりますが、是非、一度おいでください。お待ちしております。

2017/10/30(月) 18:44 | izawa

 楽しい広場では、第2回 楽しい広場 療育セミナーを開催いたします。

  療育教室 楽しい広場のモットー(大事にしていること)は、「育てる」です。言葉が出なければ、言葉を出す。多動であれば多動を直す。友だちとの会話についていかれなければ、会話を豊かにする。癇癪がひどくて感情のコントロールができなければ、感情をコントロールさせる。つまり、発達に不安のある子どもさんの発達を伸ばし、問題行動を改善する、ということです。

 そして、その基盤になるのが「子どもの発達を知る」ということです。身体や運動のほかに、認知、言葉、コミュニケーション、人とのかかわり、情緒など、知的な発達の流れを知るといことです。今回は、その中で、子どもの発達の節目である「3才の発達の特徴」について、説明をいたします。

 詳しくは下記の通りです。

 

《第2回 楽しい広場 療育セミナー》

1 日時  平成29年11月23日(木:祝日)、10:00~12:00(9:45~受付)

2 テーマ   「子どもの発達の節目、3才の発達の特徴」
           -イメージによる思考から、ことばによる思考へー

3 講演   〈講演者)療育教室 楽しい広場 代表  伊澤 崇弥

4 会場   星槎国際高等学校札幌北学習センター(札幌市北区北11条西4丁
        目2-3、ラビドールN11、2階)、地下鉄北12条駅から徒歩5分。

5 対象   幼稚園教諭、保育士、児童発達支援事業所指導員など、早期療   
        育で指導をする方々。

6 会費   お一人2000円(資料あります。)

7 申し込み方法    
     メールで、氏名・ご職業を明示の上、療育教室 楽しい広場までお申し  
     込みください。 締切は、11月22日(水)です。

  (メールアドレス)  mail@tanoshi-ryouiku.com