ナビゲーションメニューへ

ブログ

2021/09/17(金) 13:44 | izawa

 療育教室 楽しい広場で行っている「発達療育」の大きな特徴の一つは、子どもさんの発達の実態を見るとき、そのときまでの、子どもさんの「生活経験を重視する」ということです。「これまでにどのような生活経験をしてきたのか?」

 「発達療育」で、子どもさんの発達の実態を見るとき
(1)発達段階
(2)これまでの生活経験
の2つを見ます。

★例えば、3才になったばかりの男の子どもさんで、発語が10程度で、親御さんとしては言葉をもっと増やしたい、という相談があったとします。

 まず(1)発達段階を見ます。この場合は、四角形の面を想定します。療育教室 楽しい広場で作成している「発達の概略表」を使って、まず、縦の線として、言葉の発達段階をみます。そして、横の線として、その他の認知、コミュニケーション、人とのかかわり、身体・運動、手指の巧緻性などの発達段階を、親御さんゕらの聞き取り、あるいは実際に子どもさんと一緒に遊んだりしながら把握していきます。

 そして、次にこれまでの生活経験を親御さんから伺います。具体的には次のような内容です。
①経験の仕方
  ・お母さんとのかかわり方
  ・家での生活リズム
  ・身辺処理
②環境
  ・家族
  ・幼稚園、保育園など
③身体的特徴
  ・視覚優位はないか?
  ・感覚過敏はないか?
  ・緊張が強い、不安感が強いなどの「気質」は考えられるか?
  ・自閉症の診断の有無

 子どもさんの発達の実態を考えるとき、ロールケーキが入っている、細長い箱をイメージとして考えます。ロールケーキを出し入れする横の面が「発達段階」、そして細長い奥行が「生活経験」です。
 つまり、発達の実態というのは「体積」ということですね。子どもさんによって、横の四角形も微妙に違うでしょうし、奥行きも、体積ですから経験という中身がつまっています。子どもさんによって奥行きの長さも、体積の形も少し、ねじれたり、凹凸があったり、隙間があったりするかもしれません。それが、個人差と考えられるでしょう。

 よく発達相談や病院などで、発達検査や知能検査を行いますが、その結果は、その日の、その時の「発達の断面」と考えるべきでしょう。子どもさんの発達の実態を正確に把握するには、それまでの生活経験を見ていかなければなりません。子どもさんの発達とは「面」ではなく、「体積」という中身がつまっているものだからです。

 そして、そこから例えば、3才で発語が10個程度という、発語が遅れている原因が、「発語に必要な何らかの生活経験が不十分だったのではないか?」と考え、その奥行である生活経験を分析することにより、不十分であったと考えられる生活経験が分かれば、それを補充する形で経験することにより、発語が増えていく、ということになります。

 これが、「発達療育」の基本的な形です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/09/14(火) 12:54 | izawa

 昨年、令和2年(2020年)9月に、療育教室 楽しい広場で作成しました『障害以外から原因を考える「発達療育」』という本を、北海道デジタル出版協会から電子書籍として出版させていただきました。

 この本の大きな特徴は、子どもさんの発達の不安の「障害以外」の原因とその改善の方法を、しっかりとはっきり説明しているところです。

 2才・3才・4才で言葉が出ない、発語がわずかしかない、友だちとの会話に入っていけねい、ボーっとしていて宇宙語のような言葉を話す、突然違う話をし始める、一斉指示が通らない、かんしゃくが強い、友だちとトラブルが多いなど、幼児期の子どもさんの発達の不安はたくさんあります。

 このような子どもさんがいたとき、知的障害を除けば、保健センターなどの発達相談機関や病院などでは、その原因は自閉症を中心とする「発達障害」と考える場合が多いと思われます。

 

 療育教室 楽しい広場が行う「発達療育」は、違います。

 発達の不安の原因は、「本来発達に必要な生活経験が不十分だったのではないか?」と考えます。その不十分だった生活経験が分かれば、その生活経験を補充して経験させ、それによって不安が改善されていく、と考えます。そういう考えで、原因や改善の方法を説明したのが、ご紹介している電子図書『障害以外から原因を考える「発達療育」』なのです。

 自閉症や発達障害の子どもさんがいることは事実です。しかし、重度のはっきりと障害が分かる子どもさんは除き、障害と考えるのは、最後の最後です。最初ではありません。それが「発達療育」の考え方です。

 子どもさんに発達の不安があるとき、その原因は「障害以外」にたくさんあります。「自閉症」「発達障害」という言葉にがんじがらめになって身動きがとれず、苦しまれているお母さん、お父さんがいらっしゃいましたら、ぜひ、一度読んでみてください。人間、「障害」という言葉一言で片づけられるほど単純ではない、ということが分かっていただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/09/13(月) 13:10 | izawa

 まず、9月19日(日)に予定しておりました療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)につきましては、北海道の緊急事態宣言が9月13日(月)から9月30日(木)まで延長をされたことを受けまして、会場として利用させていただいている札幌市社会福祉総合センターの会議室が全面利用禁止となり、大変残念でしたが中止といたしました。

 10月につきましては下記の通り、3回行う予定です。

   10月 3日(日)    9:00~16:00
   10月11日(月:祝日) 9:00~12:00(午前のみ)
   10月17日(日)    9:00~16:00

 詳しくは、ホームページのメニュー「こども発達相談」及び「ことば伸び伸び教室」をご覧ください。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2021/08/29(日) 11:41 | izawa

 9月の療育教室について、このブログで12日(日)と19日(日)とご案内いたしましたが、北海道の緊急事態宣言を受けて、8月27日~9月12日まで、会場と使用させていただいている札幌市社会福祉総合センターの会議室も全面利用禁止となりました。

 つきましては、残念ながら9月12日(日)に予定しておりました療育教室は中止といたします。19日(日)は予定通り行います。

 9月は19日(日)の1回になってしまいますが、よろしくお願いいたします。

2021/08/25(水) 12:43 | izawa

 人生、自分の思う通りにならないときがあります。今のコロナウィルスに関する状態は、多くの人にとって「我慢」のときですね。療育教室 楽しい広場にとっても同じです。たくさんの方々とお会いし、お話を聞き、お話をさせていただく。これができない、というのは本当につらいものです。

 どうにもならないときどうするか?「我慢する」しかないですね。その状態を現実として受け入れる、というのも人間の強さですね。その「我慢」をするとき、私(伊澤)は、「前を向いて我慢しよう」と、何度かそういう時期をしのいできました。「今我慢しているのは、その後に〇〇をやるためだ。絶対やる。そのために、一日一歩でも、半歩でも、1㎝でも、1mmでも前に進もう」と思ってやってきました。そして、それが「辛抱」だと思っています。今もそうです。

 発達に不安をおもちの子どもさんのお父さん、お母さんの方々も、普段でも大変でしょうが、今はさらに不安をおもちかもしれません。しかし、ここで一つ言えるのは、発達の不安の原因は「障害」だけではありません。子どもさんの発達上の経験の少なさ、不十分さという場合が、とても多いのです。そして、それに加えて子どもさんの身体的特徴も十分考えらえるのです。今は、全部それを「障害」としてしまいます。

 確かに、知的障害をもっている子どもさんはいます。楽しい広場でも、発達に不安がある子どもさんの相談を受けるとき、まず、知的な発達の大きな遅れがないかを確認します。

 それが、なければ、次は子どもさんの全体的な発達の段階とそれまでの「生活経験」を親御さんからの聞き取りを中心に確認していきます。そこから、発達の不安の原因となる「不十分と思われる生活経験」を明らかにし、それが分かればその不十分と思われる生活経験を補充して経験させて、発達の不安を改善していきます。それが「教育としての早期療育」である「発達療育」です。

 コロナの影響が収まったら、この「教育としての早期療育」である「発達療育」の考え方、方法をもっともっとたくさんの方々に知っていただけるよう活動していきます。

 皆さん、もう少し「辛抱」しましょう。

 楽しい広場のこのブログも、前を向いて書き続けていく所存です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/08/20(金) 13:44 | izawa

 8月17日にご案内いたしました、「第2回 旭川療育セミナー」につきまして、8月20日~9月12日まで、旭川市がコロナウィルスの「まん延防止等重点措置の措置区域の指定」を受け、それに伴い、セミナーの会場として予定しておりました、旭川市ときわ市民ホールも休館となりました。

 それによりまして、8月29日(日)予定しておりました「第2回 旭川療育セミナー」も、大変残念ではありますが、8月20日の段階で、中止とさせていただきます。

 コロナが収まりましたら、必ずや再度開催をいたしたいと強く思っております。

 何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

 

2021/08/18(水) 16:34 | izawa

 8月の療育教室は、終了いたしました。

 9月の療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)の御案内です。

 9月は、12日(日)と19日(日)の2回行う予定です。

 予約の時間帯は、ホームページメニューの「こども発達相談」及び「ことば伸び伸び教室」の中に掲載いたしております。

 お問い合わせの際は、それらをご覧の上、メールか電話でご希望の日時をお伝えください。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2021/08/17(火) 16:21 | izawa

 8月29日(日)、昨年に引き続き、第2回 旭川療育セミナーを開催いたします。

 会場は、旭川市ときわ市民ホール(旭川市5条通4丁目) 会議室2で、13時30分~15時30分の時間帯で行います。

 テーマは『自閉症の迷信を吹き飛ばす 「自閉症ではない」と判断するポイント(1)~良くも悪くも人を見て行動する』です。

 対象は、幼稚園教諭、保育士の方々。会費はお一人2000円で資料があります。

 今回の内容は、札幌の療育セミナーでもお話をした内容です。

 詳しくは「療育セミナー」のコーナーをご覧ください。旭川のたくさんの先生のみなさんのご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

2021/08/12(木) 16:12 | izawa

 だいたい、中学生以上になれば、自閉症かどうかの判断がはっきりできると考えます。

 療育教室 楽しい広場としては次のように考えます

 例えば
  ・人との距離に無頓着で、近づきすぎる。
  ・人や場面によって言葉づかいを変えない
  ・人の気持ちを察した行動をしない
  ・相手に対して失礼な言葉を平気で使う
  ・耳が聞こえないかのように行動する
  ・視線を素通りする
  ・他の人の微妙な態度の差が分からない

などのような人がいるとします。そういうとき、「分かっているのにやってるな」と思われる人がいます。普通こういう人は不思議と分かります。

 しかし、こういう行動を目の前で見たとき、
 「えっ」 「何?」
と、こちらが戸惑ったり、少し驚く場合、自閉症であることが考えられます。よくも悪くもわざとにやっていない場合ですね。

 それから、これは幼児期、特に1才代、2才代、3才代の子どさんには当てはまりません。

 つまり、幼児期の子どもさんがこのような行動をもしとったとしても、障害とはもちろん言えません。これらを分かっていてやるには、必要な発達が出そろっていない、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/08/11(水) 14:21 | izawa

 子どもさんが生まれ、乳児からハイハイをし、座位がとれ、立つことができ、歩き始めると「幼児期」に入っていきます。

 やはり、子どもさんを見ているとかわいいし、これから元気に、明るく伸び伸びと育ってほしいと、親御さんとして願うでしょうね。

 そう願うのは、もちろん悪いことではありません。ただ、陥りやすい問題点があります。

 それは、伸び伸びと明るい子どもでいてほしいと願うあまり、子どもさんが嫌がることは無理にさせず、なるべく子どもさんのやりたいように育てる場合です。

 幼児期に入ってくると、子どもさんの行動範囲も広がります。要求もだんだん多くなります。そこで、例えばお母さんとの関係を考えると、お母さんも子どもさんのことだけを見ているわけではなく、おうちの仕事もやらなければなりません。

 当然、子どもさんが大きくなるにつれ、子どもさんの要求とお母さんの都合が合わない場合が出てきます。例えば、夕食の準備をしなければならない時でも、子どもさんは「遊びたい」と要求します。お母さんとしては遊んであげたいけれど、夕食も作らなければならない。

 普通はそこで「今はちょっと待ってね。ご飯を作るから」と子どもさんを待たせることになります。最初は、遊びたいと駄々をこねていた子どもさんも、何度も繰り返していくうちに諦めていきます。

 しかし、ここでお母さんが、子どもさんのために、子どもさんの願いに寄り添おうとして無理をしてでも夕食つくりを止めて、子どもさんと遊ぶケースがあります。楽しい広場でもそういうケースが何例もありました。

 多分、このようなケースの場合、お母さんは他の場面でも子どもさんに合わせて、なるべく子どもさんがしたいようにさせてあげていると思われます。

 さて、これが、3才になるくらいまで続いたとしますと、発達の不安が2つ現れてきます。一つは、「かんしゃくが収まらない」。そして、もう一つは「言葉が出ない」です。

 前者は、多分、子どもさんが自分の要求が通らない時、だんだん大声を出して怒ったり、物を投げたりすることが考えられ、そこで、もし、「待つ」とか「我慢する」という経験をしていないと、かんしゃくは収まらないと考えます。

 そして、後者の「言葉が出ない」ですが、これはお母さんが自分に合わせてくれていると、「しゃべる必要がなかった」のではないかと考えられます。この「言葉が出ない」というご相談で、お母さんからお話を伺っていくと、子どもさんに合わせて子育てをしてきたというケースが、現在も多いのです。

 もし、心当たりのある親御さんがいらっしゃいましたら、こども発達相談、オンライン発達相談、メール発達相談、なんでも構いませんので、一度ご相談ください。