ナビゲーションメニューへ

izawaさんのブログ

2019/01/07(月) 20:27 | izawa

 昨年12月22日(土)に札幌あおば幼稚園で行われた、第6回子育てセミナーにおいての講演の要旨をお伝えします。

【テーマ】
 「脳の認知処理の方法について」
      -同時処理過程と継次処理過程ー

1 同時処理過程と継次処理過程とは?

 脳の認知処理過程である同時処理過程と継次処理過程とは、一番新しいい知能検査である「K-ABC」において、認知処理能力を把握する上での基本的な考え方です。つまり、人間の脳の認知処理過程には、大きくこの二種類あるとしています。

(継次処理機能)
  ・連続した情報を、聴覚的、言語的な手がかりを使って、一つずつ順
   番に分析し処理していく。短期記憶、情報の系列化の能力などに結
   びつく。
(同時処理過程)
  ・複数の情報をまとめ、視覚的、運動的な手がかりを使って、全体と
   してとらえ処理していく。視覚的記憶力、全体を部分に分解する能
   力、空間認知能力などに結びつく。

 この二つの違いは、「どのように問題を解くか」という、問題を解決するプロセスの違いであるとし、この二つを適度に使いながら、いろいろな問題解決をしている、つまり「考えている」ということができます。

 

2 同時処理機能が強い、幼児期の子どもさんについて

(1)同時処理機能が強い子どもさんとは?
 普通、人間はこの二つの機能のうち、継次処理過程の機能の方が強いといわれています。しかし、中には同時処理過程の機能がものすごく強い子どもさんがいます。
 例えば、一度行った場所の細かいところを覚えている、あるいはその場所までの行く道を正確に覚えている、アニメのキャラクターや車の名前や種類などの膨大な数を覚えている、図鑑が大好き、2~3才でひらがな・カタカナ・数字・アルファベットなどが読める、突然アニメのセリフを言ったり歌を歌い出す、宇宙語を話す、話している途中で突然違う話をし始める、などの子どもさんが当てはまると考えられます。

(2)同時処理機能が強い子どもさんと発達の遅れについて
 これまでの楽しい広場での療育相談の中で、言葉の遅れや会話の遅れ、コミュニケーションのぎこちなさなどの相談で、同時処理機能が強いと思われる子どもさんが多くみえられました。
 この原因をいろいろ考えましたが、一つはDVDのアニメーションや図鑑、絵本などを見たり、ミニカーなどで遊んだりして、一人で遊ぶことが多かったのではないか、つまりお母さんとかかわることが極端に少なかったのではないか、ということです。
 そして、もう一つは、同時処理機能が強く、それに比べて順番に情報を処理していく継次処理機能が十分に発達していなかったのではないか、ということです。この継次処理機能は、会話、あるいは人とのコミュニケーションという、人とかかわっていく上では、とても重要な役割をもっているということです。

(3)発達の遅れの改善の方法について
 まず一つは、お母さんとのかかわりを増やす、ということです。なかなか時間が取れないことも多いと思いますが、一日10分でも15分でも一緒に遊んだり、着替え、お風呂、食事などの日常の生活のそれぞれの場面で、子どもさんに話しかけることを意識する、ということです。
 そして、もう一つは、継次処理機能を高めるということです。それには「ものごとを順番に記憶する」ということが重要ですから、絵本の読み聞かせ、手遊び、リトミック、しりとり、トランプや絵カードを使った神経すいじゃくなどが効果的と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/01/01(火) 19:53 | izawa

 幼稚園や保育園の先生、あるいは児童発達支援事業所や放課後等デイサービスなどの指導員の方々を対象といたします、第9回療育セミナーを平成31年1月20日(日)に行います。

 テーマは「他の子に関心がなく、自分のやりたいことだけをする子どもの指導について」-その原因と指導方法-です。

 この療育セミナーでは、毎回、発達に不安のある子どもさんの障害以外の、発達的視点から見た原因と、「発達療育」の考え方に立った指導方法を説明し、後半は、それぞれの参加者の方々の事例の研究を行っています。

 発達に不安のある子どもさんを豊かな発達に導き、大きな成長を遂げられるよう具体的な説明をいたします。どうぞ、みなさんご参加ください。お待ちしております。詳しくは「療育セミナー」のコーナーをご覧ください。

2019/01/01(火) 19:19 | izawa

 明けて本年1月の療育教室は、13日(日)1回です。会場は、星槎国際高等学校札幌北学習センター(札幌市北区北11条西4丁目2の3、ラビドール N11 2階)で、料金は1時間3000円です。詳しくは、個別療育相談のコーナーをご参照ください。

 発達に不安のあるお子さんの親御さん、どうぞ一度おいでください。お待ちしております。

 

 

 

2019/01/01(火) 19:13 | izawa

 明けましておめでとうございます。平成最後の平成31年が始まりました。今年は、4月から、専任療育指導員、専任相談員の伊澤が、文字通りまた療育教室 楽しい広場の専任勤務に復帰いたします。発達に不安のある子どもさんたちが、豊かに発達を実現し、成長していかれるよう、そして親御さんたちが自信をもって子育てができますよう、全力を注ぐつもりです。詳しいことは、時期が近づきましたら追ってご報告いたします。

 

【発達療育の基本的な考え方】
 ここで、発達療育における療育の基本的な考え方を確認いたします。

 発達とは本来「流れている」ものです。しかし、その中で、言葉の発達が遅い、多動である、かんしゃくが激しい、友だちと遊べないなど、発達に不安があるということは、何らかの理由で、そのお子さんの発達の流れが遅くなっている、あるいは、絡まったり固くなって、流れが滞っている、と考えられます。
 「発達療育」における適切な働きかけとは、本来の適度な速さで流れていない発達を「動かす」ことです。遅ければ後ろから押し、絡まっていれば解きほぐし、固まっていれば柔らかくする。つまり、「発達に応じた経験をさせる」ということであり、それは「学習する」ことにつながります。そして、そうすることによって、発達が順調に流れ出し、その結果、同じ年令の発達段階に近づき、追いつき、追い越し。それによって子どもさんの豊かな発達が実現すると考えられます。
 しかしこのような働きかけを続けていっても、大きな発達の遅れが縮まらない場合、障害の可能性を考えることになります。ですが、発達に不安があるからといって,これらの働きかけをせずに、障害児としての「別メニュー」はありません。これは、明確にしておきます。 

 

 

 

 

2018/11/11(日) 17:49 | izawa

 さて、11月の2回目の療育教室は25日(日)に行います。来年の就学に不安のある方、あるいは検診で障害の可能性を言われて不安に思われている方など、どうぞ一度楽しい広場にお越しください。発達の流れという視点から、お子さんの発達の不安を改善していきます。お問い合わせをお待ちしています。詳しくは、個別療育相談のコーナーをご覧ください。(伊澤)

2018/11/11(日) 17:40 | izawa

 少し前になりましたが、先月の10月20日(土)に、札幌あおば幼稚園の第4回子育てセミナーで講演をさせていただきましたので、その要旨をお伝えします。

《テーマ》 「友だち関係の広がり方」

★友だち関係を作るための発達的要素
1 認知的発達
2 人とかかわる力とコミュニケーション能力
3 自分をコントロールする力(自律性)

 

★友だち関係ができ始める時期
 基本的には、4才くらいからでき始めると考えられる。

 

★友だち関係ができるための発達のポイント

1 心の理論の発達
  → 他者の意図(心の状態や考え)を推測する力
 1才~1才半くらいの時期に、「意図的身振りコミュニケーション」が表れてきます。それは、自分とお母さんのほかに、おもちゃなどの「物」が媒介となり、お母さんの意図を読み取ったり、自分の意図を伝えるものです。
 例えば
(1)自分が持っている物をお母さんに差し出して、見せる。 
           (showinng)
(2)自分が持っている物をお母さんに手渡しする。
   (giving)
(3)面白い物や目についた物をお母さんに知らせる。(pointing)

 これが言葉の発達につながり、人とかかわっていく力の基盤になります。 

2 ごっこ遊びの出現
 いわゆる、おみせやさんごっこ、先生ごっこなどの遊びです。ごっこ遊びがもつ意味は大きく二つあります。
(1)想像的な遊びが広がっていく。
(2)現実にとらわれないで表現するという、高度なコミュニケーション
   ができてくる。
    → 例えば、土で作った塊を「おにぎり」とお互いに仮定して遊
      んだり、プラスチックのおもちゃ用のカップの中に、何も入
      っていないがお互いにオレンジジュースと仮定して遊んでい
      る。
 これらのことが、人とのかかわりを豊かで高度なものにしていきま
 す。

3 意図的主体
 ちょっと難しい言葉ですが、意味は
  → 「他者も自分と同じように、いろいろなことを感じ、考え、決め
     て行動している存在であることを理解する。」
ということです。この前提があって初めて高度な人とのかかわりが可能になります。

4 友だちという真剣勝負
 3才くらいまでは、お母さんを中心とした大人とのかかわりが中心ですが、ごっこ遊びあたりを契機にだんだん友だち同士とのかかわりに進んでいきます。大人とのかかわりの大きな違いは、大人は自分に合わせてくれますが友だちは合わせてくれません。文字通り真剣勝負です。この経験を積み重ねていくことによって、友だち関係は広がっていきます。

 

☆友だちと遊べない子どもさんとは?
 友だちとという真剣勝負のかかわりの段階で、つまづいたり足踏みする子どもさんはいますが、基本的には経験を積んでいけば広がっていきます。その他に、大人は意識できていても友だちをまだ意識できていない場合があります。例えば、おうちに帰ってきてお母さんが聞いても友だちの名前が全然出てこなかったり、一緒に遊んだということが話に出てこない場合です。こういう場合は、幼稚園や保育園あるいは家庭で、大人を媒介として他の子どもさんと遊ぶ経験を積み重ねていくことが必要と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/10/29(月) 22:11 | izawa

 11月の療育教室は、4日(日)と25日(日)です。お子さんの発達に不安をお持ちのお父さん、お母さん、どうぞ一度お問い合わせください。詳しくは個別療育相談のコーナーをご参照ください。(伊澤)

2018/10/09(火) 20:27 | izawa

 今度で4回目になります、認定子ども園 札幌あおば幼稚園の子育てクラブ「すくすく」の子育てセミナーが、10月20日(土)10:00~あおば幼稚園で行われる予定で、今回も講演をさせていただく予定です。テーマは「友だち関係の広がり方」についてです。

 だいたい3才くらいまでは、お母さんを中心とした大人とのかかわりが主ですが、3才ころからのごっこ遊びあたりから、他の子ども同士のかかわりに広がっていきます。

 今回は、友だち関係ができるための発達のポイントを4つ挙げました。

1 心の理論の発達

2 ごっこ遊びの出現

3 意図的主体(難しい言葉ですが、端的に言うと、他者も自分と同じようにい
  ろいろなことを感じ、考え、決めて行動している存在であることを理解する、
  ということです。)

4 友だちという真剣勝負

 このブログをご覧になったあおば幼稚園の親御さんがいらっしゃいましたら、是非一度足を運んでください。お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

2018/09/30(日) 17:34 | izawa

 楽しい広場の10月の療育教室は、14日(日)1回だけです。こどもさんの発達に不安のある方々、どうぞ一度お問い合わせください。詳しくは、個別療育相談のコーナーをご覧ください。

10月は、そのほかに、以下の予定があります。

     9日(火)~札幌あおば幼稚園訪問指導

     20日(土)~札幌あおば幼稚園子育てクラブ すくすく 講演

    21日(日)~指導者向け第8回療育セミナー

2018/09/17(月) 21:24 | izawa

 9月は、2回療育教室があります。その2回目は、9月23日(日)です。会場は、星さ国際高等学校札幌北学習センター(札幌市北区北11条西4丁目2-3、ラビドールN11、2階)です。

 幼児期のお子さんに発達の不安があれば、是非一度おいで下さい。詳しくは、個別療育相談のコーナーをご覧下さい。お待ちしております。(療育教室 楽しい広場 伊澤)