ナビゲーションメニューへ

izawaさんのブログ

2019/04/18(木) 11:47 | izawa

 前回の続きです。

 「障害」以外で「目と目が合わない」場合、だいたい2才~4才くらいの子どもさんだと思いますが、何が原因かと言えば、前回お話しした通り、「物をよく見る」こと、つまり「注視」そして「追視」が十分にできていない、そして、基本的にお母さんとのかかわりの中で身につく、「相手を見て、人の話を聞く」というコミュニケーションの基本ができていないのではないか、ということです。

 この両方とも、基本的に小さいうちにお母さんとのかかわりを中心に発達してくるものです。ですから、本人の発達がまだ幼いとか、一人遊びが多かったとか、ほかに何らかに理由でお母さんとのかかわりが極端に少なかった場合などに、起こり得ることです。

 

3 働きかけの方法

 では、「目と目を合わせる」ようにするためにはどうしたらよいでしょう。
 こういう場合は、お母さんを基本に、大人との一対一のかかわりを多くしていきます。大人とは、お母さん、幼稚園や保育園の先生、それから楽しい広場のような指導教室の先生などが考えられます。そして、大人と基本的に「物を使って」一緒に遊びます。とっかかりは、そのお子さんの好きなものからで結構です。ミニチュアカーでも、積み木でも、水でもそこから一緒に遊んで、それを足掛かりにいろいろな遊びに誘っていきます。遊びとは具体的には、積み木、パズル、クレヨンや鉛筆を使ってのお絵かき、粘土、絵本の読み聞かせ、ボール遊び(ける、転がす、投げる)、シール遊び、手遊び、ビーズ遊び、折り紙、はさみなどです。それらで遊ぶうちに、10秒が20秒に、20秒が1分に、1分が5分に、5分が10分にと、一緒に遊ぶ時間が増えてきます。時間が増えるということは、物を見、相手を見、人の話を聞く時間が増えるということです。そうすると、自然と「目と目が合う」ようになってきます。そうであれば、「目と目が合わなかった」原因が、障害ではなく、発達上の経験の仕方が原因だったと分かるわけです。

 

 

 

 

 

 

2019/04/17(水) 18:48 | izawa

 療育教室 楽しい広場の役割は、子どもさんの発達の不安の「障害」以外の原因を明らかにし、その原因に応じた適切な働きかけの方法を提示することです。

 その前提は、「子どもの発達には、一定のすじみちがある」ということです。この前提を踏まえて、発達の遅れ、問題行動等、子どもさんの発達の不安の原因を明らかにし、適切な働きかけを行っていくというものです。

 今回から何回かにわたって、平成30年度の札幌市幼児教育センターが作成した「アセスメントチェックシート」(改訂版)と、その記入マニュアルから、一部を取り出して、それに沿って考えてみたいと思います。

 この「アセスメントチェックシート」は、保護者の教育相談や幼児教育センターによる幼稚園・認定こども園への訪問支援の際に使われるものです。生活習慣、認知・ことば、社会性、運動、その他(配慮事項)の5つの領域で50項目の「主な困り」についてチェックをするようになっています。

 今回のこのブログでは、「その他(配慮事項)」の領域に入っている「主な困り」から取り上げます。

 

 まず今回の項目は「目が合わない」です。
保護者の方や幼稚園の先生が記入する際に使う「記入マニュアル」には次のように説明されています。

【目が合わない】

(支援有)目と目が合わない
(支援無)目と目が合う

 

1 「目が合う」とはどういうことか?

 さて、もし自分が記入をしようと思ったらパッと疑問が浮かびます。
①今まで1回でも2回でも目と目が合ったことがあったら、「目と目が合
 う」でよいのか?

②以前は目と目が合っていたが、最近は「目と目が合ったことがない」場
 合はどうか。

③人によって目を合わせる人と目を合わせない人がいるが、その場合はど
 うか?

 実は今まで、たくさんのお母さんや先生とお話をして、このとらえ方が人によって違うことが多くありました。本来は、3つとも「目と目が合う」ことになります
 つまり、①は1回でも合っていたら、「目と目が合う」ですね。②はこれも以前合っていたけれど、今は合わせる暇がない、あるいは合わせたくない、ということですね。③は人によって合わせるのですから「目と目が合う」で良いですね。

 この「目と目が合う」という内容は、以前自閉症の診断をする上での重要なチェック項目でした。つまり、「目と目が合う」ということは、相手を意識し、関心を持っているということの一つの表れである、ということなのですね。現在、自閉症スペクトラムや広汎性発達障害と診断名は変わっても同じ意味をもっています。ただ、「目と目が合わない」ことが独り歩きしてしまうことが多くあります。「自分の子どもは、目と目が合わない、どうしよう。発達障害ではないか。」と心配する方も少なくないでしょう。しかし、もちろんこれだけで発達障害ではありません。

 

2 「目が合わない」原因

 この場合の、「障害」以外の大きな原因は、「物をよく見ているか」、つまり、じっと見る「注視」、目で物を追う「追視」ができているか、ということ、そしてお母さんとかかわる経験が極端に少ない場合、本来、お母さんとのかかわりの中で育つ、コミュニケーションの基本である「相手を見る」「人の話を聞く」という態度が身についていない、ということが考えられます。

 この原因を考える際にチェックする項目は次の事項です。
  ・ことばの理解はどのくらいあるか。(認知的発達)
  ・発語はどのくらいあるか。(認知的発達)
  ・同じ年令の子どもと比べて幼さはないか。(全体的な発達)
  ・視覚が強いと言われていないか。(同時性処理機能の強さ)
  ・記憶力が良いか。(同時性処理機能の強さ)
  ・感覚過敏はないか。(身体的特徴)
  ・理由は置いておいて、お母さんとかかわる時間が極端に少なくなか
   ったか。

 このチェックで、子どもさんの知的な発達段階を把握し、その上で、これまで「お母さんとのかかわりができていたか、少なくはなかったか」を確認していきます。
 言い換えると、知的な発達に大きな遅れがなく、お母さんとのかかわりが極端に少ない場合、「障害」ではなく、経験の少なさ、弱さ、偏りなどが原因で、「目と目が合わない」ことが考えられます。

  

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/04/16(火) 12:09 | izawa

 前回のブログで、「物を見ること」の重要さをお話ししましたが、さらに続く重要なことが、「ことばに置き換える」ということです。人間にとって特筆すべきことは、「ことばを使う」ということです。

 ことばは、「象徴機能」と言われる、「あるものを別なもので表現する」という高度な機能の一つです。ほかにはイメージ(心像)もそうですね。人間は、ことばを用いることで、飛躍的な進歩を遂げます。現物がなくても、ことばで記憶し、ことばで理解し、ことばで話し、ことばで会話をすることで、高度な知的機能、コミュニケーションを使い、生活することができます。

 幼児は、いつ言葉に触れていくかと言いますと、お母さんとのかかわりを中心に、物をよく見て、そして見ながらいろいろな遊びをとおして手や体を機能させ、そこで、物を「ことばに置き換える」経験をたくさんするのですね。そして、「物には名前がある」ということを知っていきます。

 幼児期の「物をよく見て」「体を使って遊ぶ」ことは、ことばの発達、考える力(思考力)の発達、そして文字の獲得(読む、書く)にとって、重要なことなのです。これを、視知覚経験、あるいは視知覚学習と言います。そして、言葉やコミュニケーションに遅れがあるなどの、発達に不安がある子どもさんには、この「物をよく見て」「体を使って遊ぶ」経験を重ねることが重要なのです。

 療育教室 楽しい広場の個別療育相談やことば伸び伸び教室は、この考えの元に進めているのです。

 

 

 

 

 

2019/04/15(月) 17:26 | izawa

 療育教室 楽しい広場が推し進める「発達療育」には、3つの基盤があります。

 

1 発達療育の3つの前提
(1)発達には一定の流れがある。
(2)子どもに対する適切な働きかけとは、子どもの発達段階に応じた働
   きかけである。
(3)「ものをよく見る」ことが、ことばの発達、考える力(思考力)の
   発達、文字の獲得(読む、書く)につながる、重要な要素である。

 

2 ことば、考える力、文字の獲得への発達の過程(0才~6才くらい)
(1)ものをよく見る
     ↓   

(2)よく見て、動作をする。(遊ぶ)・・・いろいろな感覚の統合
     ↓
(3)ことばに置き換える
    ・ことばに置き換えて、記憶する
    ・ことばに置き換えて、理解する
    ・ことばに置き換えて、話す
     ↓
(4)考える
     ↓
(5)行動する(生活の中で)
     ↓
(6)文字の獲得(読む、書く)
   思考力の伸長(数や数量の操作を含む)

 

3 発達療育の基盤となる理論

(1)保育技術シリーズ(Ⅱ)
  「ことばを育てる」(1巻~6巻)
    柚木 馥、白崎 研司 他著・編
     1994年(3版)、コレール社
 *現在も出版されています。

(2)「新・子どもたちの言語獲得」
     小林 春美、佐々木 正人 編
      2008年、大修館書店

 この中での、小椋 たみ子先生の「言語と社会性の発達との関連」に関する論文を特に重要視しています。

 

以上です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/04/15(月) 16:36 | izawa

 代表の伊澤が、4月から5年ぶりに専任で仕事を行っています。その中で、これから歩むべき道を整理し、そして、方向をしっかり定め、歩き始めています。

 療育教室 楽しい広場が、療育相談やことば伸び伸び教室、キンダーカウンセリング事業などで、何を行うのか?

 それははっきりしています。幼児期の子どもさんで、ことばが遅い、友だちに関心がなく一人で遊んでいる、宇宙語を話したり突然歌を歌い出す、かんしゃくが激しいなどの、発達に不安がある子どもさんに対し、個々の子どもさんの発達段階に応じた適切な働きかけを行い、その子どもさんの発達を伸ばし、問題行動を改善して、発達の不安を解消し、同じ年令の子どもの発達段階に近づき、追いつき、追い越すことです。

 そのために、お子さんと親御さんからのご相談をお受けし、ことば伸び伸び教室で指導を行いながら、一対一のコミュニケーション能力を育て、集中力を養い、ことばや考える力を伸ばし、そして療育セミナーやキンダーカウンセリング事業では、指導される先生方に、発達療育の理論や実践方法をお伝えしていこうと考えています。

 このブログでも、いろいろな内容をお伝えするつもりです。

 

 

 

2019/04/12(金) 14:09 | izawa

 平成30年6月から平成31年2月までの間で8回、札幌市厚別区にあります、札幌あおば幼稚園の子育てセミナーで講演をさせていただきました。テーマは次の通りです。

(第1回) 幼児期における感情コントロールを育てる方法

(第2回) 就学までに身につけたい力

(第3回) 幼児期のしつけを考えます

(第4回) 友だち関係の広がり方

(第5回) コミュニケーション能力って何だろう

(第6回) 脳の認知処理の方法について
        -同時処理過程と継次処理過程-

(第7回) お母さんの短い時間でのかかわり方

(第8回) お父さん、そして、おじいちゃん、おばあちゃんのかかわり
      方

以上です。

 つきましては、ご希望の方に無料で講演資料集を送付いたします。裏表印刷のA4用紙6枚つづりです。
 ことばが遅かったり、突然独り言を言ったり歌を歌ったり、友だちと遊ばず一人で遊んでいたり、かんしゃくが激しかったり等、お子さんに発達の不安をおもちのお父さん、お母さん、そして幼稚園や保育園、児童発達支援事業所の先生、保育士、指導員の方々に、何らかのお役に立つことができるのではないかと思っております。

 発達の不安の原因を障害以外の、発達上の個人差、身体的特徴、経験の少なさ、偏りなど、発達的視点から考え、その原因に応じた適切な働きかけを行って、子どもさんの発達を伸ばし、成長をうながしていく、という「発達療育」という考え方に立ったものです。

 読んでいただけましたら、うれしい限りです。ご希望の方は、お名前、郵便番号、住所をメールでお伝えください。確認次第郵送いたします。

 

 

 

2019/04/11(木) 20:44 | izawa

★指導の対象

 ことば伸び伸び教室は、次のような発達に不安のある子どもさんたちを対象にしています。

  ・2~3になっても発語がない、少ない
  ・友だちとの会話についていけない
  ・周りが理解できない宇宙語を話す
  ・突然アニメのセリフを言ったり、歌を歌い出す
  ・会話の途中で突然違うことを言い出す
  ・多動で落ち着きがない。
  ・他の子には関心がなく、自分のやりたいことだけをやり、飽きたら
   自分の気に入った大人に甘える。
  ・友だちと遊ぶが、すぐ自分勝手な行動をしてしまう。
  ・集団行動からすぐ離れてしまう、飛び出す
  ・かんしゃくが激しい。
  ・友だちと遊んでいて、自分の思うとおりにならないと友だちをたた
   いたりする。

 

★指導の基本的な考え方
 まず、根本的な考え方は、子どもさんの発達段階を正確に把握し、現在の発達段階に応じた適切な働きかけにより、発達を伸ばし、問題行動を改善し、発達の不安を解消していく、というものです。

 その中で、「物をよく見る」ことを重要視します。それは、私たちの感覚の中で最もよく使われ、また、重要な情報を提供するのが「視覚」であるからです。そして、「よく見ること」を基盤にして、他のいろいろな感覚を統合することにより、見たものを「ことば」に置き換え、その言葉を使って考え、行動し、そしてその先には文字を読み、書くことに続いていきながら、子どもさんの成長を促していく、というものです。

 順序としては、次のように考えます。
  〇物をよく見る
     ↓
  〇よく見て動作をする
     ↓
  〇見たもの、動作などを、ことばに置き換える
     ↓
  〇言葉を使って考える
     ↓
  〇考えながら、行動する
     ↓
  〇文字を読む、文字を書く

 

★指導の目的
1 考える力(思考力)を育てる。
2 文字を読む、書く力を育てる。
3 一対一のコミュニケーション能力を育てる。
4 集中力を育て、落ち着いて行動する態度を身につける。

 

★指導する主な内容

1 はさみで紙を切る

2 ボールをける、ころがす、投げる

3 シールを貼る

4 クレヨン、えんぴつ、絵の具などを使っての描き遊び

5 積み木遊び

6 絵本の読み聞かせ

7 折り紙

8 カルタ遊び

9 手遊び

10 ビーズ遊び

11 ぬり絵

 

★料金
  50分3000円

 

 4月、5月の教室開催の日時など、ことば伸び伸び教室のコーナーをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/04/08(月) 10:14 | izawa

 前にもお伝えしましたが、代表の伊澤が3月31日をもちまして、5年間勤務させていただいた放課後等デイサービスを退職し、療育教室 楽しい広場の業務に専念することになりました。

 以前は、白石に教室があり、そこを拠点に活動をしておりましたが、現在は教室はありません。しかし、これからは、札幌市社会福祉総合センターや札幌市教育文化会館の研修室をお借りしながら、また、精力的に個別療育相談やことば伸び伸び教室を展開してまいりたいと考えています。

 さらに、この4月から「キンダーカウンセリング事業」を始めます。主に幼稚園や保育園を対象に、お母さんの子育て相談、発達に不安のある子どもさんの発達の実態の把握と指導方法に関する先生の皆さんへのアドバイス、児童発達支援事業所など、福祉の事業の仕組みやその実態の説明などが主な内容です。

 障害があろうとなかろうと、発達に不安のある子どもさんの発達を伸ばし、問題行動を改善し、同じ年令の子どもさんたちに近づき、追いつき、追い越すことをめざして子どもたちを育てること、それが、療育教室 楽しい広場の役目であり、「発達療育」のめざすところです。

 近い将来、全国各地で「発達療育」のお話ができ、さらに子どもさんたちの成長に役立つことができましたら、この上もない喜びです。頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

2019/04/03(水) 21:06 | izawa

 この3月で、5年間勤務させていただいた放課後等デイサービスを退職いたしました。その一方で日曜日を中心に楽しい広場も続けていました。

 今、痛感するのは児童発達支援事業所を中心とする「早期療育」というものは、「教育」ではなく、「福祉」ということです。しかし、「早期療育」は「教育」でなければなりません。それはどういうことでしょうか。

 現在の、早期療育は、対象の子どもさんたちは、時期はいろいろですが何らかの障害名がついている場合がほとんどです。それを受けて、児童発達支援事業所を中心とした早期療育は、子どもさんは障害をもっているのだから、遅れている発達の遅れは、将来大きく伸びることはできない状態である。その状態の子どもさんを将来、生活に適応できるようにしていく、というものが大きな特徴です。これは、福祉の考えですね。自分の障害を受け入れて、その上で、将来豊かな生活ができるような適応力をつけていく、というものです。この福祉の考え方、例えば対象がIQが60くらいで、日常生活、社会生活に支援が必要な大人の方であれば、それでよいでしょう。

 しかし、それが、例えば言葉が多い3才の子どもさんであったり、かんしゃくが強くて感情のコントロールができない4才の子どもさんであったり、友だちとうまく会話できない5才の子どもさんであったとしたら、たとえ障害名がついていたとしても、福祉の考えでよいでしょうか?

 答えは、ノーです。

 その理由は明確です。3才で言葉が遅い、4才で癇癪が強い、5才で友だちと会話がうまくできない、という子どもさんがいた場合、それらの原因が「障害のため」という以外に、発達の個人差や、感覚過敏や脳の同時性処理機能の強さ、あるいは経験の少なさ、片寄りなどの原因で、発達段階が同じ年齢の子どもさんより遅れるということが、たくさん考えられるからです。
 教育であるならば、子どもさんが障害をもっていても、もっていなくても、子どもさんに、現在の発達段階に応じた適切な働きかけを行い、同じ年令の子どもさんたちに近づき、追いつき、追い越すことをめざして、働きかけを続けるでしょう。それが教育です。そして、今の日本の多くの早期療育には、残念ながらその教育がほとんど見られません。

 言葉が遅ければ言葉を出す、かんしゃくが激しかったら落ち着かせる、友だち会話がうまくいかなければうまくできるようにする。それが当たり前の教育です。療育教室 楽しい広場は、それを行っています。そして日本中のたくさんの早期療育機関で当たり前の教育が行われるよう、その教育の方法を伝え合い、研究し合いながら実践を積み上げています。昨年度8回行った札幌あおば幼稚園の子育てセミナーの講演や、6回行った指導者を対象とした療育セミナーは、その具体的な実践です。

 「教育である早期療育」をたくさんの方々と連携をして広げていければこれほどうれしいことはありません。これからも、よろしくお願いいたします。(療育教室 楽しい広場 代表  伊澤)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/04/03(水) 19:55 | izawa

 5月の楽しい広場の療育教室の開催日についてです。4月から担当の伊澤が楽しい広場専任になりました。
  言葉が遅かったり、多動であったり、友だちと遊べなかったり、かんしゃくが激しかったりなど、発達に不安がある子どもさんの発達の不安の原因を明らかにし、成長を促す具体的な働きかけを考えます。ぜひ、一度おいでください。

5月の療育教室の日数は6日です。

 会場は、札幌社会福祉総合センターと札幌市教育文化会館の2か所を利用する予定です。
 具体的には次の通りです。
《5月》
  3日(金:祝日) 9:00~16:00
  4日(土:祝日) 9:00~16:00
  6日(月:祝日) 9:00~16:00
 14日(火)    9:00~16:00
 22日(水)    9:00~16:00
★会場は、上の5日間は、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室

 25日(土)    9:00~16:00
★会場は、札幌市教育文化会館 304研修室

 〇時間帯は、以下の通りです。
    9:00~ 9:50
   10:00~10:50
   11:00~11:50
   12:00~12:50
   13:00~13:50
   14:00~14:50
   15:00~15:50

 〇料金は、50分3000円です。

 〇お問い合わせは、メールお願いいたします。
  メールアドレス  mail@tanoshi-ryouiku.com