ナビゲーションメニューへ

izawaさんのブログ

2022/06/29(水) 13:10 | izawa

【「一斉指示が通らない」の原因 その2】

 「一斉指示が通らない」2つ目の原因として考えられるのは、子どもさんが「視覚優位」の場合です。

 「視覚優位」の子どもさんというのは、頭の中で情報を処理するとき、「主に視覚を使って写真を撮るように情報を全体的に、かつ一括的に処理する能力」である「同時処理能力」と呼ばれる能力がとても強いと考えられます。

 「視覚優位」の子どもさんの特徴は次のようなものです。
  ・記憶力が抜群に良い
  ・一度見たものは細かいところまで覚えている
  ・絵本や図鑑を見るのが大好き
  ・テレビの番組やビデオなどで、小さい時からアニメの番組を見る
   のが大好き
  ・アニメのキャラクターや車の名前、街の中にある会社の商標など
   を膨大な数覚えている
  ・2才~5才くらいで、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数
   字を読むことができる

 さて、このような「視覚優位」と思われる子どもさんの場合、視覚的な情報、例えば大好きなアニメの動画であったり、たくさんの数のキャラクターであったり、あるいは大好きな恐竜図鑑の絵であったり、たくさんの種類の車のエンブレムであったり、そういう視覚的な情報が他の子どもさんたちよりたくさん、あふれんばかりに記憶されているのではないかと考えられます。

 そして、人とのかかわりに関して、「視覚優位」の子どもさんに起こりやすいのが「自分の世界に入る」「ボーっとしていることが多い」「突然違う話をし始める」などの、コミュニケーション時の不安です。

 これらをもって自閉症ではないかと疑う方も少なくありませんが、「視覚優位」の子どもさんであるとしたら、日常生活の大人や友だちとの会話の途中で、あふれんばかりの記憶の中から、ふと大好きなアニメや恐竜、車などがあふれ出てきて、そのような行動になる可能性があると考えられます。

 であれば、友だちとのかかわりや集団の中での行動もある程度できていたとしても、急に自分の世界に入ってしまうこともあるでしょうから、集団行動のときに先生の指示を聞いていない、ということが多々あったとしても、おかしいことではないと言えます。

 

 次回は、「一斉指示が通るための改善の方法」について、ご説明します。今回は以上です。

 

 

 

 

 

2022/06/28(火) 13:17 | izawa

1 「一斉指示が通らない」とは?

 「一斉指示が通らない」とは、幼稚園や保育園などで集団で活動しているとき、全体に向けた先生の指示に沿って行動できず、他の先生が個別に指導するか、あるいは子どもさん本人は周りの子どもさんの様子を見て真似して集団についていく状態のことを言います。

 

2 「一斉指示が通らない」の何が問題なのか?

(1)自閉症の迷信がまかり通っている
 「一斉指示が通らないと自閉症の可能性がある」と思っていらっしゃる幼稚園や保育園の先生が、多分日本中で多くいらっしゃるだろうと思います。「一斉指示が通らない」子どもさんは、発達障害をもっている、ということは障害をもっているからこれから大きな発達は考えられない、と考えるわけです。
 さて、療育教室 楽しい広場の実践、特に発達相談の中で、お母さん方に、子どもさんが自閉症ではない、「一斉指示が通らない理由」をご説明し、改善の方法を提示し、実際に子どもさんが「一斉指示が通るようになった」ケースが、これまでに何例もあります。
 自閉症以外に理由があり、そして改善の方法がありますということです。

(2)就学までには改善させましょう
 障害とは関係ない原因でも「一斉指示が通らない」状態で小学校入学を迎えると、子どもさん本人が大変なのと、小学校の先生の中で、そういう子どもさんがクラスにいたとき、授業を進めていく上で指導上の負担が大きいと考える先生もいらっしゃるかもしれないということです。障害ではないので、就学までには改善していきましょう。

 

3 「一斉指示が通らない」原因
 
「一斉指示が通らない」原因は2つ考えられます。

(1)「幼い」感じがする場合
 一つ目は、子どもさんが同じ年令の子どもさんたちより「幼い」感じの場合です。「一斉指示が通らない」ということで不安を感じられるのは、年少さんから年長さんくらいの間の子どもさんです。
 その子どもさんたちで「幼い」と感じられる理由は大きく二つあります。一つは「発語の時期が遅かった場合」で、発語が遅かった分、その後のコミュニケーションの発達が遅い場合です。

 二つ目は、生まれて3才くらいまで、親御さんが子どもさんを「のびのび育てよう」あるいは「大事に育てよう」と考え、子どもさんの行動を規制せず、子どもさんが自由に行動していた場合です。そういう場合は、幼稚園や保育園に入ると、他の同じ年令の子どもさんから比べて自分中心になり、「幼い感じ」になってしまうと考えられます。

 この「幼い」という場合、人とのかかわりの段階がまだ母親や先生などの大人が中心であったり、友だちの意識はあっても友だちと一対一で遊んだり、2~3人の集団で遊ぶ経験がまだ少なく、大きい集団でかかわり合う経験ももちろん少なく、大勢の中で先生の声を聞くというレベルではまだない、ということと思われます。

 「幼い」ということは、「自分中心に考えてしまう」ということでもあります。ですから、そういう段階の子どもさんであるとしたら、「自分の周りのことで精一杯で、大勢に向かって言っている先生の話を聞いている場合ではない」ということではないかと考えます。

 

*さて、「一斉指示が通らない」二つ目の原因は、次回にご説明いたし
 ます。今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/23(木) 17:24 | izawa

 赤ちゃんが誕生し、お母さん、お父さんが中心となって、子どもさんを育てていきます。その時、障害があろうと、発達が遅れていようと、何も問題がなかろうと、どのお子さんも「大人が子どもさんを育てる」ことになります。それを「幼児教育」と呼ばせていただきます。子どもを教え育てるから「教育」ですね。

 「幼児教育」というと、幼稚園あるいは今では認定こども園、そして「保育」を「教育」と同じ意味と考えて保育園、その他に子ども教室、音楽や体育などの教室の教育などのことを考えていますが、家庭での子育ても重要な「幼児教育」です。

 家庭での「幼児教育」が子どもさんの発達、そして成長にとても重要な位置を占めています。例えば、「言葉が遅い」という場合、子どもさんの身体的特徴とともに、家庭での生活経験の仕方、つまりは子どもさんにとっての「学習の仕方」が大きく影響を及ぼすことがたくさんあります。

 つまりは、幼児期の子どもさんの発達の不安の原因として、子どもさんの「生活経験」が大きな影響を及ぼすと考えられます。同時に裏を返せば、生活経験を変えることにより、発達の不安を改善することができる、ということを意味しています。

 そして、それは、実際に何らかの障害をもっている子どもさんについてもあてはまります。生活経験を変えることによって、現在の発達段階を伸ばしていくことができます。その時に必要になるのが、一人一人の子どもさんの発達の実態を正確の把握する専門性です。

 楽しい広場の「発達療育」が、「教育としての早期療育である」と位置付けているのは、このような理由のためです。

 

 

 

2022/06/22(水) 15:49 | izawa

 今日も家の庭のピンクの「さつき」は力いっぱい咲いています。しかし、枯れてきた花も少しずつ増えてきたのも事実。それはそれで時の流れは受け入れなければなりません。今日も含めて、6月はあと10日。7月に入ったらさすがに「まだ春だ」とは言えませんが、6月であればいくら暑くても「いやまだ春だよね」言えるのが、未練がましいと言われながらもうれしいところです。

 

 さて、みなさんは自分のお子さんが「指さし」をしているところを見たことはありますか?
 「今までいつ指さしをしたか見たことがない」
 「前は指さししていたが今は見たことがない」
 「今まで2~3回しか指さしをしているのを見たことがない」
など、いろいろあるでしょう。少なくとも、これまでの楽しい広場の相談で、上の3つを答えていただいた親御さんは、みなさんお子さんの「自閉症」を心配されていました。

 以前ゕら「指さしをしないのは自閉症児の特徴だ」とインターネットやいろいろな本の中で言われています。

 今回説明をしたいのは、「では、指さしをしないのは自閉症児だけなのか?」ということです。周りを見渡しても、指さしをしていない、しても何回しかしたことがない子どもさんたちが、たくさんいますよね。つまり、「指さしをしないのは自閉症児だけではなく、それ以外の子どもさんでも普通にあり得る」ということです。

 

 子どもはい才前後くらいの頃から「指さし」が出始めると言われています。この「指さし」の意味は、指で特定のものを指さすことによって、「大人と注意を共有する」行為として出現するというものです。1才前後の子どもさんがアンパンマンのお人形を指さして、お母さんとアンパンマンのお人形を通じて、アンパンマンという注意を共有するということです。

 実はこの「大人と注意を共有することが自閉症児は困難である」と言われています。これは根拠のあることです。

 しかし、このころの子どもさんは、言葉が出るかでないかの時期です。このあと、2才・3才・4才・5才と言葉が出始め、言葉によるコミュニケーションが活発になってくると、「指さし」は大幅に減少していきます。それは、「指さし」よりも言葉の方が早くて、正確で、具体的だからです。

 幼児期の子どもさんが、例えば「あっ、これ大好き」といくつかあるおやつの中から一つを指さしたり、「まい先生はあっち」と方向や場所を指さして教えてくれることはあるでしょうが、いつもいつも誰もが「指さし」をしているわけではない、ということです。そして、言葉が出指してからの「指さし」は、1才前後のときの「指さし」とは違い、言葉による話の補助的な役割を果たしていきます。

 つまり、幼児期、特に言葉が出だしてからは「指さし」よりも言葉で言うことの方が断然多くなるわけで、自閉症以外の子どもさんも指さしは減る、あるいはほとんどいなくなる、したとしても1才前後のときの「指さし」とは意味が違う、ということです。

 

【結 論】
 ・自閉症ではない子どもさんが指さしをしなくても、何も不思議なこ
  とではありません。
 ・「指さしをしない」は完全に、その意味を明確にしないまま独り歩
  きをしてしていて、現在に至っています。
 ・自分のお子さんが「指さしをしない」からといって、一喜一憂する
  必要はありません。自閉症の不安があるのであれば、「指さし」で
  一喜一憂するより、その分、お子さんと一緒に遊んであげた方がよ
  っぽど良いと思います。

 今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/21(火) 18:22 | izawa

 暦は、6月の下旬に入ってきました。今は、庭の「さつき」の濃いピンクの花がきれいに咲き並んでいます。今日は、二つ三つ花が枯れ始めていましたがきのうは、きれいに咲き並んでいたので、昨日が自宅の「さつき」の満開日だったかと、思っています。

 さて、楽しい広場の療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)につきまして、6月の2回目として6月26日(日)に、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室で行います。

 療育教室 楽しい広場が行う「発達療育」は、幼児期の子どもさんの言葉の遅れや、コミュニケーションの遅れなどの発達の不安に対して、子どもさんのそれまでの「生活経験」という視点から、原因を考え、改善の方法を提示していきます。

 子どもさんの「生活経験」を分析するとき、3つの視点から考えます。一つは、「身体的特徴」です。視覚優位、感覚過敏、気質、あるいはそれ以外の身体的特徴がないかを見ていきます。この身体的特徴は、とても重要です。
 二つ目は、お母さんのかかわり方、子どもさんの立場から見ると「お母さんとのかかわり方」です。これも非常に重要です。
 三つ目は、生活環境です。具体的には、お母さん以外の方々の接し方、あるいは生活リズム(一日の生活の流れなど)です。

 子どもさんの発達の不安に対して、自閉症などの発達障害の診断や疑いを受けたり、あるいは親御さんご自身で不安をもたれているような場合で、これからどう子育てをしていけば良いか、悩みをもたれているお父さん、お母さん、どうぞ一度、楽しい広場にお問い合わせください。

 お子さんの発達の不安の原因、改善の方法について、具体的にご一緒に考えていきます。

 詳しくは、ホームページメニューの「こども発達相談」「ことば伸び伸び教室」をご覧ください。お待ちしております。

 

 

 

 

 

2022/06/08(水) 13:58 | izawa

 言葉の遅れの原因と考えられるものは、たくさんあります。その中の一つが「タブレット」です。幼児の子どもさんが、タブレットでゲームをしたりユーチューブを見たりすること自体が悪いわけではもちろんありません。その時間が一日のうちに3時間、4時間、5時間と、長くなるのが問題になります。

 スマホやタブレットが出る前は、テレビを3時間、4時間、5時間と見ている場合、同じように言葉の遅れの原因と考えられました。テレビは、まだ、今でもあるかもしれません。

 では、幼児期の子どもさんがタブレットを見ながら長時間過ごすのが、なぜ言葉の遅れの原因と考えられるかと言いますと、日頃、かかわりの中心となるお母さんとのかかわりが極端に少なくなるからです。子どもは、乳児から幼児期と成長していく中で、お母さんとのかかわりの中で、声とか表情、動作などを使っての「人とのかかわり方」や「コミュニケーションの仕方」を学んでいきます。その根本は「伝え合う」ということです。

 この「伝え合う」という経験の延長上に、子どもさんが「言葉で伝える」、つまり「発語」があると考えられます。絵カードを見せて「犬」と大人が言って聞かせれば、子どもさんの言葉が出るわけではありません。「何かを伝えたい」と思うことが度重なって、「発語」になっていくのですね。

 ですから、テレビを長時間見せていたり、タブレットを長時間使わせている場合、「言葉が遅れる」心配が出てきます。もしそういうことが考えられた場合、長時間見せたり使わせることを止め、その分お母さんやお父さんと一緒におもちゃなどで遊んだり、外に出られるようであれば外で活動することが良いと思います。

 コロナ禍の中、テレビやタブレットを全く見ない、使わせないということではありません。時間を少なめにして、その分お母さんやお父さんとのかかわりを増やしましょうということです。

 具体的な方法が分からない場合は、楽しい広場のこども発達相談やオンライン発達相談、メール相談などでご説明いたします。是非、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/03(金) 11:30 | izawa

 札幌では春の最後を飾る6月に入りました。暦が6月に入るとそれを待っていたかのように、庭のさつきがピンクの花を咲かせ始めました。一面に咲き広がるのが毎年6月22日です。不思議と毎年この日なんですね。おととしとその前2年はこの日がずれたのですが、昨年は戻りました。

 

 さて、楽しい広場の療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)の次回は、6月12日(日)です。会場は、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室、料金は1時間3000円です。

 療育教室 楽しい広場は、幼児期の発達に不安のある子どもさんの早期療育を行っています。それは、子どもさんの発達の実態を把握して、「それまでの生活経験の中に不安の原因があるのではないか」という視点から、原因を考え、改善の方法を提示していく「発達療育」というものです。

 発達に不安をおもちの幼児期の子どもさんのお父さん、お母さん、どうぞ、一度お問い合わせください。詳しくは、ホームページメニュー「こども発達相談」「ことば伸び伸び教室」をご覧になってください。

 お待ちしております。

 

 

 

2022/05/18(水) 14:52 | izawa

 今度の日曜日の5月22日(日)に、5月第2回目の療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)を行います。

 言葉が遅い、コミュニケーションに不安がある、多動で落ち着きがない、かんしゃくが激しい、一斉指示が通らないなど、発達に不安をおもちの幼児期の子どもさんがいらっしゃれば、一度、是非楽しい広場の療育教室へおいでください。

 我々が行う「発達療育」は、お子さんの発達の不安の原因が、「お子さんのこれまでの生活経験の中にあるのではないか?」という視点から考えていきます。発達障害以外に、たくさんの原因が考えられます。そして、それだけ改善の方法があります。

 会場は、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室、料金は1時間3000円です。詳しくは、ホームページメニューの「楽しい広場 こども発達相談」及び「楽しい広場 ことば伸び伸び教室」をご覧ください。

 お問い合わせ、お申し込みをお待ちしております。

 

 

2022/05/15(日) 16:51 | izawa

 今日、札幌の大通公園を歩いていますと、木々は桜が終わり、薄紫のライラックの花が入れ替わりに並び咲いていました。その大通に沿って今日が例大祭の札幌の三吉神社(みよしじんじゃ)のおみこしが、30人くらいの少人数でしたが、練り歩いていて、小さい子どもさんやお母さんたちが駆け寄って見ていました。実際に歩いてみて、すこしずつ今までの札幌が戻ってきているかな、と感じるひと時でした。

 

 さて、楽しい広場の方ですが、今日予定しておりました「第1回 子育てサークル」は、参加希望者がおられず、残念ながら中止いたしました。しかし、これにめげず、6月も開催を考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 来週の日曜日の5月22日(日)ですが、5月2回目の療育教室(こども発達相談とことば伸び伸び教室)を行います。楽しい広場では、発達の遅れや問題行動などの幼児期の子どもさんの発達の不安について、「それまでの生活経験の中に発達の不安の原因があるのではないか?」という「生活経験」という視点から原因を考え、改善の方法を提示していきます。

 ご自分のお子さんの発達の遅れや問題行動に悩まれたり、不安を感じられているお母さん、そしてお父さん、どうぞ一度お問い合わせください。詳しくは、ホームページメニュー「楽しい広場 こども発達相談」「楽しい広場 ことば伸び伸び教室」をご覧ください。

 お待ちしております。

 

 

 

 

 

2022/05/11(水) 16:12 | izawa

 かんしゃくをはじめ、自分の思う通りにならない時の「やって、やって」(依存)や「イライラして人をたたく」などの行動は、少なくとも発達障害(自閉症や注意欠陥多動性障害など)だけが原因ではありません。

 それは、「感情のコントロール」ができていない場合が考えられます。今までも何度も説明をしています「自分で自分の行動をコントロールする力」である「自律性」が、3才・4才頃から急速に伸びてきます。

 楽しい広場の発達療育では、そこを一つの基準に置いています。自分の行動をコントロールするということは、基本的には「感情をコントロールする」ということでもあります。

 「自律性」とは、言い換えると「自己主張と自己抑制のバランスを取ることができる」ということです。3才・4才で「自律性」急進に伸びるということは、それまでに身に付けていなければならないものがあるということです。それが「自己抑制」です。

 幼児期の子どもさんであれば「ちょっと待つ」とか「ちょっと我慢する」という「自分を抑える」ということを経験し、身に付けるということです。それが「感情をコントロールする」経験になります。

 例えば、2才代でかんしゃくが激しいということは、自律性の発達までには早いのですが、自律性に必要な「自己抑制」つまり「自分を抑える」という経験が少ないのではないかと考えられます。

 通常、例えば2才代の子どもさんが「ママと遊びたい」とママに伝えても、食事を作ったり掃除をしたりで、一緒に遊べない場面が、どのご家庭でもありえます。普通、その時子どもさんが少しずつ我慢をすることを身に付けていきます。

 しかし、そういう場面で、お母さんが子どもさんをのびのび、あるいは子どもさんに寄り添って育てようとしているとき、子どもさんが我慢をする経験をさせず、お母さんが子どもさんに合わせるということが出てくる可能性があります。お母さんは、良かれと思ってされたことが、子どもさんが「自分を抑える」という経験をすることができず、ひいては子どもさんが「感情をコントロールすることができない」という状況になる可能性が高くなります。

 今回、お話ししたい一番のことは、『感情のコントロール』は生活経験の中で子どもさんが身に付けていくものであるということ、そしてそれは大人も含めて、みんなが楽しくやりたいことではありませんので、そこは子どもさんが「感情のコントロールができていない」と感じた場合は、日常生活の中で「ちょっと待つ」「ちょっと我慢する」という「自分を抑える経験」をさせてあげることが必要になると考えます。

 

 それから、「感情のコントロールが難しい」という時、生活経験の他にもう一つ考慮しなければならないことがあります。それが「身体的特徴です。具体的には、視覚優位、触覚過敏や聴覚過敏などの感覚過敏、緊張が強い、恐がりやすいなどの発達心理学でいう「気質」などです。それらは、お母さんのかかわり方だけでは済まされない、もう一つの重要な影響力をもつ要素です。

 今回は以上です。