ナビゲーションメニューへ

izawaさんのブログ

2022/07/04(月) 15:31 | izawa

 最近、お子さんが一斉指示が通らず、自閉症ではないかというメールでの問い合わせにお答えした中の「周りの人の真似をしながら行動できていれば自閉症ではない、その理由」について、ここでも説明をさせていただきます。

 「一斉指示が通らないは自閉症の特徴である」と考えられている方が多いことは事実だと思います。しかし、一斉指示が通らないが、「周りの人の真似をしながら行動できている」とすると、話は違ってきます。つまり、我々の立場は認知心理学や発達心理学ですが、そこから見ると、「一斉指示が通らずとも自閉症ではない」ということになります。そして、自閉症などは心配せず、一斉指示が通るように働きかけをしていきましょう、ということです。

 

【理 由】

 認知心理学や発達心理学の立場から申し上げますと、自閉症児は「他者と注意を共有できない」ということが大きな特徴になります。よく使われるのが「1才頃の指さし」です。

 子どもさんがかわいいアンパンマンのぬいぐるみを指さし、お母さんの顔を見たとしたら、
 「子どもさんはお母さんと、アンパンマンのぬいぐるみという対象に対する注意を共有している」と考えます。この「注意を共有する」ことによって、お互いに相手の心の状態、感情などの「意図」を感じ取り、そして自分からも相手に伝えていきます。これを「意図的コミュニケーション」と呼びます。そして、我々療育教室 楽しい広場では、この「意図的コミュニケーション」をコミュニケーションの発達、そしてことがの発達の重要な基盤と考えています。
 この「意図的コミュニケーション」があることによって、子どもさんは他の大人、友だちと感情や行動を調整し合い、一緒に共同で活動することができます。つまり、友だちとも遊べるでしょうし、仲の良い友だちもできます。

 

 もし現在、一斉指示が通らなくても、自閉症児でないとしたら「他者と注意を共有している」はずです。その具体的な証明が「周りの人を真似しながら行動している」です。

 例えば、幼稚園のあるクラスで「これから折り紙で貼り絵を作ります」と先生が全体に一斉指示を出したとします。みんなは席を立って自分のお道具箱を持って席に座ります。A君は、何らかの理由でその指示を聞いておらず、サブの先生に個別に促されてお道具箱を持ってきます。

 その後、次の先生の一斉指示に従い、みんなははさみ、のり、折り紙を出したとします。その時サブの先生は何も言わなかったので、A君はとなりの女の子の様子を見ながら、同じくはさみ、のり、折り紙を出したとします。このときA君は、「となりの女の子と注意を共有している」ので、お道具箱の中から3つの物を出すことができました。
 ではこの場合の「共有する注意」とは何か?

 それは、
「先生がみんなに伝えたことをみんなと一緒にしなければならない」と
いうことを、「注意としてとなりの女の子と共有していた」ということです。
 そしてA君は「となりの女の子は、次に何をするのか知っているに違いないから。真似をしよう」と考えたのではないかと思います。そしてその後も言葉も含めた女の子とのやり取りが続くことが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/30(木) 13:06 | izawa

 さて、「一斉指示が通る」ためには、どうしても集団でのかかわる経験が必要です。

 一般的には、3才くらいからごっこ遊びが盛んになって、友だちと2人であるいは3人、4人くらいの小集団で遊ぶようになり、一緒に遊んでいる友だちを意識したり、会話をしたりします。そういう中で会話も飛び交い、その中で誰かの声を聞き分けるという能力も育ってきます。そういう集団活動の規模が少しずつ大きくなり、その経験を通して多い人数の集団においても、先生や友達の声を聞き分けることができるようになってきます。

 そこから考えられることは、「幼い感じ」の子どもさんであれば、まず友だちを意識し、友だちと一緒に遊べるようになること、そしてその次に3人~4人くらいの小集団の中で遊んだり活動できることが必要になります。
 そういう場合、幼稚園や保育園では、最初先生に入っていただいて活動をしてもらい、そこからだんだん一人で活動できるように指導していただけると良いと思います。
 何度も繰り返すようですが、どの子どもさんも最初は一斉指示が通りません。子どもさん個人の発達が向上し、人とかかわる経験を重ねることによって「一斉指示が通る」ようになります。

 それから、「視覚優位」の子どもさんであれば、集団での活動の経験の他に、お母さんや幼稚園・保育園の先生などとの一対一のかかわり、例えば一緒に遊ぶ、あるいは子どもさんに対する言葉がけを増やし、子どもさんのコミュニケーション能力を伸ばしていく必要が考えられます。そのことが、集団での活動のときのコミュニケーションがスムーズにいくことにつながると考えます。

 「一斉指示が通らない」子どもさんがいた場合、まず子どもさんの発達の実態を把握し、それを踏まえた上で、幼稚園や保育園などで人とかかわる経験を重ねながら、集団の中で周りの人たちを意識し、コミュニケーションを取りながら一緒に活動するという、「集団活動に適応できる力」を育てる指導が必要であると考えます。その「集団活動に適応できる力」の中に、「一斉指示が通る」ということが含まれるということです。

 「一斉指示が通らない」に関しては、今回で終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/29(水) 14:28 | izawa

 楽しい広場の7月の療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)は、17日(日)と31日(日)の2回行います。会場は、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室、料金は1時間3000円です。

 言葉の遅れやコミュニケーションの不安、多動やかんしゃくなどの問題行動などの幼児期の子どもさんの発達の不安に関して、子どもさんの身体的特徴(視覚優位、感覚過敏、気質など)やお母さんとのかかわり方、生活環境などの「生活経験」という視点から、子どもさんの発達の実態を分析し、原因を明らかにし、改善の方法を提示いたします。

 詳しくは、ホームページメニューの「こども発達相談」「ことば伸び伸び教室」をご覧ください。

 お問い合わせをお待ちしております。

 

2022/06/29(水) 13:10 | izawa

【「一斉指示が通らない」の原因 その2】

 「一斉指示が通らない」2つ目の原因として考えられるのは、子どもさんが「視覚優位」の場合です。

 「視覚優位」の子どもさんというのは、頭の中で情報を処理するとき、「主に視覚を使って写真を撮るように情報を全体的に、かつ一括的に処理する能力」である「同時処理能力」と呼ばれる能力がとても強いと考えられます。

 「視覚優位」の子どもさんの特徴は次のようなものです。
  ・記憶力が抜群に良い
  ・一度見たものは細かいところまで覚えている
  ・絵本や図鑑を見るのが大好き
  ・テレビの番組やビデオなどで、小さい時からアニメの番組を見る
   のが大好き
  ・アニメのキャラクターや車の名前、街の中にある会社の商標など
   を膨大な数覚えている
  ・2才~5才くらいで、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数
   字を読むことができる

 さて、このような「視覚優位」と思われる子どもさんの場合、視覚的な情報、例えば大好きなアニメの動画であったり、たくさんの数のキャラクターであったり、あるいは大好きな恐竜図鑑の絵であったり、たくさんの種類の車のエンブレムであったり、そういう視覚的な情報が他の子どもさんたちよりたくさん、あふれんばかりに記憶されているのではないかと考えられます。

 そして、人とのかかわりに関して、「視覚優位」の子どもさんに起こりやすいのが「自分の世界に入る」「ボーっとしていることが多い」「突然違う話をし始める」などの、コミュニケーション時の不安です。

 これらをもって自閉症ではないかと疑う方も少なくありませんが、「視覚優位」の子どもさんであるとしたら、日常生活の大人や友だちとの会話の途中で、あふれんばかりの記憶の中から、ふと大好きなアニメや恐竜、車などがあふれ出てきて、そのような行動になる可能性があると考えられます。

 であれば、友だちとのかかわりや集団の中での行動もある程度できていたとしても、急に自分の世界に入ってしまうこともあるでしょうから、集団行動のときに先生の指示を聞いていない、ということが多々あったとしても、おかしいことではないと言えます。

 

 次回は、「一斉指示が通るための改善の方法」について、ご説明します。今回は以上です。

 

 

 

 

 

2022/06/28(火) 13:17 | izawa

1 「一斉指示が通らない」とは?

 「一斉指示が通らない」とは、幼稚園や保育園などで集団で活動しているとき、全体に向けた先生の指示に沿って行動できず、他の先生が個別に指導するか、あるいは子どもさん本人は周りの子どもさんの様子を見て真似して集団についていく状態のことを言います。

 

2 「一斉指示が通らない」の何が問題なのか?

(1)自閉症の迷信がまかり通っている
 「一斉指示が通らないと自閉症の可能性がある」と思っていらっしゃる幼稚園や保育園の先生が、多分日本中で多くいらっしゃるだろうと思います。「一斉指示が通らない」子どもさんは、発達障害をもっている、ということは障害をもっているからこれから大きな発達は考えられない、と考えるわけです。
 さて、療育教室 楽しい広場の実践、特に発達相談の中で、お母さん方に、子どもさんが自閉症ではない、「一斉指示が通らない理由」をご説明し、改善の方法を提示し、実際に子どもさんが「一斉指示が通るようになった」ケースが、これまでに何例もあります。
 自閉症以外に理由があり、そして改善の方法がありますということです。

(2)就学までには改善させましょう
 障害とは関係ない原因でも「一斉指示が通らない」状態で小学校入学を迎えると、子どもさん本人が大変なのと、小学校の先生の中で、そういう子どもさんがクラスにいたとき、授業を進めていく上で指導上の負担が大きいと考える先生もいらっしゃるかもしれないということです。障害ではないので、就学までには改善していきましょう。

 

3 「一斉指示が通らない」原因
 
「一斉指示が通らない」原因は2つ考えられます。

(1)「幼い」感じがする場合
 一つ目は、子どもさんが同じ年令の子どもさんたちより「幼い」感じの場合です。「一斉指示が通らない」ということで不安を感じられるのは、年少さんから年長さんくらいの間の子どもさんです。
 その子どもさんたちで「幼い」と感じられる理由は大きく二つあります。一つは「発語の時期が遅かった場合」で、発語が遅かった分、その後のコミュニケーションの発達が遅い場合です。

 二つ目は、生まれて3才くらいまで、親御さんが子どもさんを「のびのび育てよう」あるいは「大事に育てよう」と考え、子どもさんの行動を規制せず、子どもさんが自由に行動していた場合です。そういう場合は、幼稚園や保育園に入ると、他の同じ年令の子どもさんから比べて自分中心になり、「幼い感じ」になってしまうと考えられます。

 この「幼い」という場合、人とのかかわりの段階がまだ母親や先生などの大人が中心であったり、友だちの意識はあっても友だちと一対一で遊んだり、2~3人の集団で遊ぶ経験がまだ少なく、大きい集団でかかわり合う経験ももちろん少なく、大勢の中で先生の声を聞くというレベルではまだない、ということと思われます。

 「幼い」ということは、「自分中心に考えてしまう」ということでもあります。ですから、そういう段階の子どもさんであるとしたら、「自分の周りのことで精一杯で、大勢に向かって言っている先生の話を聞いている場合ではない」ということではないかと考えます。

 

*さて、「一斉指示が通らない」二つ目の原因は、次回にご説明いたし
 ます。今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/23(木) 17:24 | izawa

 赤ちゃんが誕生し、お母さん、お父さんが中心となって、子どもさんを育てていきます。その時、障害があろうと、発達が遅れていようと、何も問題がなかろうと、どのお子さんも「大人が子どもさんを育てる」ことになります。それを「幼児教育」と呼ばせていただきます。子どもを教え育てるから「教育」ですね。

 「幼児教育」というと、幼稚園あるいは今では認定こども園、そして「保育」を「教育」と同じ意味と考えて保育園、その他に子ども教室、音楽や体育などの教室の教育などのことを考えていますが、家庭での子育ても重要な「幼児教育」です。

 家庭での「幼児教育」が子どもさんの発達、そして成長にとても重要な位置を占めています。例えば、「言葉が遅い」という場合、子どもさんの身体的特徴とともに、家庭での生活経験の仕方、つまりは子どもさんにとっての「学習の仕方」が大きく影響を及ぼすことがたくさんあります。

 つまりは、幼児期の子どもさんの発達の不安の原因として、子どもさんの「生活経験」が大きな影響を及ぼすと考えられます。同時に裏を返せば、生活経験を変えることにより、発達の不安を改善することができる、ということを意味しています。

 そして、それは、実際に何らかの障害をもっている子どもさんについてもあてはまります。生活経験を変えることによって、現在の発達段階を伸ばしていくことができます。その時に必要になるのが、一人一人の子どもさんの発達の実態を正確の把握する専門性です。

 楽しい広場の「発達療育」が、「教育としての早期療育である」と位置付けているのは、このような理由のためです。

 

 

 

2022/06/22(水) 15:49 | izawa

 今日も家の庭のピンクの「さつき」は力いっぱい咲いています。しかし、枯れてきた花も少しずつ増えてきたのも事実。それはそれで時の流れは受け入れなければなりません。今日も含めて、6月はあと10日。7月に入ったらさすがに「まだ春だ」とは言えませんが、6月であればいくら暑くても「いやまだ春だよね」言えるのが、未練がましいと言われながらもうれしいところです。

 

 さて、みなさんは自分のお子さんが「指さし」をしているところを見たことはありますか?
 「今までいつ指さしをしたか見たことがない」
 「前は指さししていたが今は見たことがない」
 「今まで2~3回しか指さしをしているのを見たことがない」
など、いろいろあるでしょう。少なくとも、これまでの楽しい広場の相談で、上の3つを答えていただいた親御さんは、みなさんお子さんの「自閉症」を心配されていました。

 以前ゕら「指さしをしないのは自閉症児の特徴だ」とインターネットやいろいろな本の中で言われています。

 今回説明をしたいのは、「では、指さしをしないのは自閉症児だけなのか?」ということです。周りを見渡しても、指さしをしていない、しても何回しかしたことがない子どもさんたちが、たくさんいますよね。つまり、「指さしをしないのは自閉症児だけではなく、それ以外の子どもさんでも普通にあり得る」ということです。

 

 子どもはい才前後くらいの頃から「指さし」が出始めると言われています。この「指さし」の意味は、指で特定のものを指さすことによって、「大人と注意を共有する」行為として出現するというものです。1才前後の子どもさんがアンパンマンのお人形を指さして、お母さんとアンパンマンのお人形を通じて、アンパンマンという注意を共有するということです。

 実はこの「大人と注意を共有することが自閉症児は困難である」と言われています。これは根拠のあることです。

 しかし、このころの子どもさんは、言葉が出るかでないかの時期です。このあと、2才・3才・4才・5才と言葉が出始め、言葉によるコミュニケーションが活発になってくると、「指さし」は大幅に減少していきます。それは、「指さし」よりも言葉の方が早くて、正確で、具体的だからです。

 幼児期の子どもさんが、例えば「あっ、これ大好き」といくつかあるおやつの中から一つを指さしたり、「まい先生はあっち」と方向や場所を指さして教えてくれることはあるでしょうが、いつもいつも誰もが「指さし」をしているわけではない、ということです。そして、言葉が出指してからの「指さし」は、1才前後のときの「指さし」とは違い、言葉による話の補助的な役割を果たしていきます。

 つまり、幼児期、特に言葉が出だしてからは「指さし」よりも言葉で言うことの方が断然多くなるわけで、自閉症以外の子どもさんも指さしは減る、あるいはほとんどいなくなる、したとしても1才前後のときの「指さし」とは意味が違う、ということです。

 

【結 論】
 ・自閉症ではない子どもさんが指さしをしなくても、何も不思議なこ
  とではありません。
 ・「指さしをしない」は完全に、その意味を明確にしないまま独り歩
  きをしてしていて、現在に至っています。
 ・自分のお子さんが「指さしをしない」からといって、一喜一憂する
  必要はありません。自閉症の不安があるのであれば、「指さし」で
  一喜一憂するより、その分、お子さんと一緒に遊んであげた方がよ
  っぽど良いと思います。

 今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/21(火) 18:22 | izawa

 暦は、6月の下旬に入ってきました。今は、庭の「さつき」の濃いピンクの花がきれいに咲き並んでいます。今日は、二つ三つ花が枯れ始めていましたがきのうは、きれいに咲き並んでいたので、昨日が自宅の「さつき」の満開日だったかと、思っています。

 さて、楽しい広場の療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)につきまして、6月の2回目として6月26日(日)に、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室で行います。

 療育教室 楽しい広場が行う「発達療育」は、幼児期の子どもさんの言葉の遅れや、コミュニケーションの遅れなどの発達の不安に対して、子どもさんのそれまでの「生活経験」という視点から、原因を考え、改善の方法を提示していきます。

 子どもさんの「生活経験」を分析するとき、3つの視点から考えます。一つは、「身体的特徴」です。視覚優位、感覚過敏、気質、あるいはそれ以外の身体的特徴がないかを見ていきます。この身体的特徴は、とても重要です。
 二つ目は、お母さんのかかわり方、子どもさんの立場から見ると「お母さんとのかかわり方」です。これも非常に重要です。
 三つ目は、生活環境です。具体的には、お母さん以外の方々の接し方、あるいは生活リズム(一日の生活の流れなど)です。

 子どもさんの発達の不安に対して、自閉症などの発達障害の診断や疑いを受けたり、あるいは親御さんご自身で不安をもたれているような場合で、これからどう子育てをしていけば良いか、悩みをもたれているお父さん、お母さん、どうぞ一度、楽しい広場にお問い合わせください。

 お子さんの発達の不安の原因、改善の方法について、具体的にご一緒に考えていきます。

 詳しくは、ホームページメニューの「こども発達相談」「ことば伸び伸び教室」をご覧ください。お待ちしております。

 

 

 

 

 

2022/06/08(水) 13:58 | izawa

 言葉の遅れの原因と考えられるものは、たくさんあります。その中の一つが「タブレット」です。幼児の子どもさんが、タブレットでゲームをしたりユーチューブを見たりすること自体が悪いわけではもちろんありません。その時間が一日のうちに3時間、4時間、5時間と、長くなるのが問題になります。

 スマホやタブレットが出る前は、テレビを3時間、4時間、5時間と見ている場合、同じように言葉の遅れの原因と考えられました。テレビは、まだ、今でもあるかもしれません。

 では、幼児期の子どもさんがタブレットを見ながら長時間過ごすのが、なぜ言葉の遅れの原因と考えられるかと言いますと、日頃、かかわりの中心となるお母さんとのかかわりが極端に少なくなるからです。子どもは、乳児から幼児期と成長していく中で、お母さんとのかかわりの中で、声とか表情、動作などを使っての「人とのかかわり方」や「コミュニケーションの仕方」を学んでいきます。その根本は「伝え合う」ということです。

 この「伝え合う」という経験の延長上に、子どもさんが「言葉で伝える」、つまり「発語」があると考えられます。絵カードを見せて「犬」と大人が言って聞かせれば、子どもさんの言葉が出るわけではありません。「何かを伝えたい」と思うことが度重なって、「発語」になっていくのですね。

 ですから、テレビを長時間見せていたり、タブレットを長時間使わせている場合、「言葉が遅れる」心配が出てきます。もしそういうことが考えられた場合、長時間見せたり使わせることを止め、その分お母さんやお父さんと一緒におもちゃなどで遊んだり、外に出られるようであれば外で活動することが良いと思います。

 コロナ禍の中、テレビやタブレットを全く見ない、使わせないということではありません。時間を少なめにして、その分お母さんやお父さんとのかかわりを増やしましょうということです。

 具体的な方法が分からない場合は、楽しい広場のこども発達相談やオンライン発達相談、メール相談などでご説明いたします。是非、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/06/03(金) 11:30 | izawa

 札幌では春の最後を飾る6月に入りました。暦が6月に入るとそれを待っていたかのように、庭のさつきがピンクの花を咲かせ始めました。一面に咲き広がるのが毎年6月22日です。不思議と毎年この日なんですね。おととしとその前2年はこの日がずれたのですが、昨年は戻りました。

 

 さて、楽しい広場の療育教室(こども発達相談、ことば伸び伸び教室)の次回は、6月12日(日)です。会場は、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室、料金は1時間3000円です。

 療育教室 楽しい広場は、幼児期の発達に不安のある子どもさんの早期療育を行っています。それは、子どもさんの発達の実態を把握して、「それまでの生活経験の中に不安の原因があるのではないか」という視点から、原因を考え、改善の方法を提示していく「発達療育」というものです。

 発達に不安をおもちの幼児期の子どもさんのお父さん、お母さん、どうぞ、一度お問い合わせください。詳しくは、ホームページメニュー「こども発達相談」「ことば伸び伸び教室」をご覧になってください。

 お待ちしております。