ナビゲーションメニューへ

izawaさんのブログ

2019/07/14(日) 17:51 | izawa

 「2才半なのに一語文しか出ない。」「もうすぐ3才になるのに全く落ち着かなく多動。」「3才半でかんしゃくが激しく困っている。」「4才になるのに自分の好きなおもちゃでしか遊ばず、友だちとは遊ばない。」等々、お母さんがご自分でお子さんの発達の不安を感じたり、幼稚園や保育園の先生にその行動を指摘され、不安を感じたとき、ご自分で本やインターネットで調べると、ご自分やお子さんの周りに急に現れてくるのが「障害」という文字です。そして、調べれば調べるほど、不安という「霧」がお母さんを覆って、周りが全然見えなくなります。「今行こうとしていた道はどっちなのか?」「このまま歩いていていいのか?でも、周りは分からない。どうしよう?」これほど不安なことはないでしょうね。

 療育教室 楽しい広場で行っている発達療育は、お母さんがこの「霧」から出ること、そしてしっかり今の自分とお子さんのいる位置を知ること、そして前をしっかり確認して、そのお子さんに合った方法で進むことをアドバイスし、時には一緒に歩くことです。そしてそれが早期療育を行う療育者の仕事であると考えます。そして、その療育方法を研究し合うために、指導者の立場の方々と療育セミナーを行っています。さらに、今年度からは、お母さんを対象とした「子育て お母さんセミナー」を開いています。これは、お母さん方がこの不安という「霧」から出て、ご自分のお子さんの今の発達の状態を正確に見ていただきたい。そしてお子さんが前に進むために、家でできることは何かをつかんでいただきたいと願って行っています。

 「お母さん、こっち こっち こっちですよ」といって、お母さんのところにかかっている「霧」から明るい場所に誘導し、これから進む方向を見て確認し、進み方をアドバイスする。それが療育教室 楽しい広場の発達療育と呼んでいる、「教育としての早期療育」です。
  そして、療育教室 楽しい広場と同じように、療育してくださる指導者の方々が日本中にたくさん現れるために、これからも更に進んで行きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/10(水) 11:20 | izawa

 7月の次の個別療育相談とことば伸び伸び教室は14日(日)と15日(月:祝日)です。

 7月の予定をもう一度お知らせします。

〇14日(日)     9:00~16:00
〇15日(月:祝日)  9:00~16:00
〇28日(日)     9:00~16:00
〇31日(水)     9:00~16:00
  (会場)札幌市社会福祉総合センター 第1会議室
       札幌市中央区大通西19丁目1番1号

〇20日(土)     9:00~16:00(304研修室)
〇27日(土)     9:00~16:00(303研修室)
   (会場)札幌市教育文化会館
       札幌市中央区北1条西13丁目

 料金は、60分3000円です。子どもさんの発達に不安のあるお父さん、お母さん、一度ぜひおいでください。その際は、メールでお問い合わせください。

  メールアドレス  mail@tanoshi-ryouiku.com

  お待ちしています。

 

 

 

  

 

 

 

2019/07/09(火) 18:55 | izawa

 先日、共育型こども施設「にじまある」で講演をさせていただきましたが、その中で、「障害以外の発達の不安の原因を考える」として、ことばの遅れとかんしゃくを取り上げました。
 今回から何回かに分けて、その内容をブログでも説明していきたいと思います。

 まず、「ことばの遅れ」についてです。親御さんたちがお子さんの「ことばの遅れ」という場合、ほとんどは同じ年令の子どもさんに比べた「発語の遅れ」を意味しています。例えば、次のようなものです。

【ことばの遅れの不安の例】
・1才半なのに、2才なのに、3才なのにことばが出ない。
・2才なのに、ことばが5つくらいしか出ていない。
・3才なのに一語文だけである。
・4才になったのににまだ三語文が出ない。友だちと遊べず、いつも一人
 で遊んでいる。
などです。本来は、もっと細かい不安がたくさん出てくると思います。

 今回の講演では、このことばの遅れの障害以外の原因と、ことばの発達を伸ばす働きかけの方法をお話ししました。このブログでもお伝えしようと思いますが、今回は、その基準となる「基本的なことばの発達の流れ」を示していきたいと思います。これは、療育教室 楽しい広場がまとめたものです。
 「ことばの発達の流れ」という場合、「発語の発達の流れ」と「ことばの理解の発達の流れ」の二つを考えます。「ことばの理解の発達」を「認知的な発達」と置き換えても良いと思います。

 

=基本的な「ことばの発達」の流れ=

【6か月~1才頃】
 〇発語器官の機能が発達する。
   ①吸う力  ②飲み込む力  ③噛む力  ④吹く力
 〇喃語(音声的自己活動)の活発化~非常におしゃべりな現象
   → ママ、ダダなど、同じ音をリズミカルに繰り返す。

【1才~2才頃】
 〇直後の模倣の活発化(~1才半)
 (例)①家族の動作や声を意識的に模倣する。
    ②家族が喜んだり笑った自分の動作を何回も繰り返す。
 〇理解語彙の増加。特にものの名前を急速に覚える。
   → これを「命名の爆発」と言います。(1才半~)
 *象徴機能の発達(1才半~)
   → あるものを、別なもので表現する。代表的なのが「イメージ」
    「ことば」
 *延滞模倣(長期記憶)の発達(1才半~)
   → モデルが目の前にいなくても、昨日見たことを今日模倣するこ
     とができる。
   → なぜできるかというと、モデル、例えばお母さんが昨日した動
     作を「イメージ」として置き換え、脳の中で記憶をすることが
     できるようになったからである。(象徴機能の発達)
 〇おおむ返し(反響言語)の出現(1才半~)
   → 会話全体の調子を真似し、連続的な音の流れの中から意味をも
     つ単語だけ選択的に模倣する。
   → おおむ返しが過ぎたころから、新しく覚えたことばをいろいろ
     な場面で使うようになる。この時期から「発語」が始まると考
     えられる。

【2才~3才頃】
 〇発音が正確になり、他人に通じる程度になる。
 〇新しい質問形式「なあに?」「どうして?」「だあれ?」などを使
  う。
 〇基本的なものの分類(種類・用途)ができる。(2才半~)
   →5~6枚の絵カードの中から選ぶ。(言う、指さし)
   (例)「食べるものはどれ?」~ 「バナナ」 
      「雨の時使うのは?」 ~ 「傘」
 〇二語文を話す。
   (例・ご飯好き。パパ来た。)

【3才~4才頃】
 〇ごっこ遊びの出現
   → 高度なコミュニケーション能力
   → 友だちと遊び出す
 〇三語文を話す
   (例:ママとお外行く。ごはん早く食べる)
 〇長期記銘力(同一のイメージを長時間保持する)の発達
 〇時間の概念(過去・現在・未来)の形成(3才半~)
 〇「うそ」をつくことができる。
 〇ことばでの「会話」の成立。
   (例:「パパになにもらったの?」「ゼリーもらった」

【4才~5才頃」
 〇内言(音声を出さなくても頭の中での言語だけで考える)の出現
 〇友だちとの会話の成立
 〇じゃんけんの勝ち負けや、かくれんぼなどのルールが分かる。
 〇数や文字に対する興味が出てくる。
 〇仮面ライダーなどの戦隊ものの「なりきり遊び」をする。

                             以上。

★あくまでも基本的な流れですが、これを見てお母さん方は、「うちの子どもは、3才なのにこれもできない、あれもできない。やっぱり障害ではないか。」というように考えがちです。そういう使い方はしなくても大丈夫です。「発達の順序」を見てください。それがことばの発達の遅れを見ていくとき重要になっていきます。

 まずは、今回はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/08(月) 17:29 | izawa

 療育教室 楽しい広場が推し進めています「教育としての早期療育」。それは、発達に不安のある幼児期の子どもさんに対して、「障害児」として生活力や生活適応力を伸ばすのではなく、今遅れている例えば「ことば」「コミュニケーション」「人とかかわる力」など、人間として大切な発達をまず伸ばす療育です。

 例えば、幼稚園や保育園で、3才で自分の大好きなプラレールでしか遊ばず、園の先生も自分の好きな先生としか遊ばない、男のお子さんがいたとして、担当の先生方は、今までは、札幌市の幼稚園であれば各区ごとにある市立幼稚園にある札幌幼児教育センターの地域教育相談を担当する支援員の先生に相談したり、あるいはお母さんにこの地域教育相談や、保健センターなどへの相談を勧めたりされたかもしれません。しかし、その先にあるのは、多くの「福祉による早期療育」を行っている児童発達支援事業所と思われます。

 もし、幼稚園や保育園の先生が、「教育としての早期療育」に取り組んでいただければ、子どもたちは大きく変わっていきます。つまり、発達に不安のある子どもさんに対して、園の中で先生方が子どもさんの遅れている発達を伸ばす取り組みを行っていただければ、早い段階で子どもさんが変わり、成長していきます。楽しい広場としては、これが日本中に広まってほしいと願っています。いろいろな忙しい園の一日の指導や保育の中で工夫をすることにより、指導の時間や場面が作り出せると思います。療育教室 楽しい広場では、その考え方、方法をこのブログ、そしてセミナー、講演などで説明をしていきます。また、幼稚園や保育園だけではなく、児童発達支援事業所でも「教育としての早期療育」を取り入れていただけることを願っています。事実、今現在「教育としての早期療育」の考え方、方法論を療育セミナーで研究されている児童発達支援事業所の先生方が何人もおられます。

 これからも、先生方のご理解をいただけますよう、療育教室 楽しい広場も、もっている力を全力で注いでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/06(土) 17:59 | izawa

 本日、7月6日(土)、札幌市東区にあります、共育型こども施設「にじまある」で講演をさせていただきました。「にじまある」は、保育園と児童デイサービスを併せ持つ施設で、本日は「障害以外の発達の不安を考える~ことばの遅れとかんしゃくについて」をテーマに、20名近くの保護者や職員の方々に講演を聞いていただきました。講演のあとの質疑応答の時間も熱心なやりとりをたくさんいたしました。熱い時間を過ごさせていただきました。保護者の皆さん、職員の皆さん、ありがとうございました。

2019/07/04(木) 16:59 | izawa

 たぶん、全国的にもそうだと思いますが、札幌市内の小学校の「知的障がい」と「情緒障がい」の特別支援学級の教育の大きな特徴は何かと言いますと、大部分の特別支援学級で「教科別の学習をしない」ということです。
 「国語」とか「算数」などの教科別の時間を設けての学習を行わず、「日常生活の指導」ですとか、「生活単元学習」などの「各教科等を合わせた指導」というものを行っています。これは、昭和54年に当時の障害児教育が義務化になって以来、養護学校、特別支援学校、そして特別支援学級の教育の根幹をなすもので、いまだに脈々と続いています。

 これは、生活の中でのいろいろな経験を通して、知的障害をもっていたとしても「生活する力」「生活適応力」を伸ばしていこうとするもので、その反面、教科別の学習はほとんど行いません。義務化から40年を過ぎてもほとんど同じです。しかし、現在、知的に大きな遅れがなくても、「発達障害」ということで、小学校の特別支援学級に入ってくる子どもさんたちが増え、札幌市内の小学校の特別支援学級でも少しずつ「国語」や「算数」の教科別の指導や、その教科だけ普通学級で学習する「通級指導」が増えてきているようですが、数はまだまだ少ないと思われます。

 さて、この教科別の学習を行わず、「生活する力」「生活適応力」を伸ばすための「各教科等を合わせた指導」を行うというのは、どこかで聞いたことがありませんか?
 そうです。前回にとりあげた早期療育における「福祉としての早期療育」と同じなんですね。「福祉としての早期療育」の大きな欠点は、本来伸ばさなければならない基本的な発達を伸ばせない、ということです。それぞれの年令における生活力や生活適応力は、年令に応じた基本的ないろいろな発達が伸びて初めて一緒に伸びていくものです。

 特別支援学級の教育の場合、早期療育で伸ばさなければならないいろいろな発達が、教科別の学習で伸びる「学力」にあたります。そして、教科別の継続的、系統的な学習をしなければ、確実に「学力」は伸びません。いや、年令が上がるごとに、「学力」は落ちていきます。もし、知的には遅れはなくても、発達障害の診断あるいは疑いで、小学校の就学の際、特別支援学級に入学した場合、ほとんどの場合、学力が落ちていきます。もしそのまま6年生まで在籍したとして、小学校2年や3年くらいの学力であれば、その段階で脳に機能障害がなくても「知的障害児」になってしまいます。そこから、学力を上げていくのは非常に難しいでしょう。

 以上のことを踏まえて、申し上げたいのは次のことです。

 もし、幼稚園でいう年長さんになった段階で、知的に大きな遅れはない場合は、できるだけ普通学級に就学した方が良いということです。理由は、特別支援学級では「学力」が大きく落ちるからです。将来、脳に機能障害がなくても「知的障害児」になるからです。

 それから、知的に大きな遅れはないが、落ち着きがない、集団行動でじっとしていられない、教室からすく出てしまうような子どもさんがいます。この場合は、入学までにこれらの問題行動をなくしていかないと、普通学級に入学したとしても、教室での行動から普通学級では他の子どもさんたちとの学習が無理ではないかと、口では直接言いませんが、担任の先生とは、そういう話になっていくと思います。こういう場合は、親としてもそれ以上言えなくなります。一年かけて、行動面を改善する必要があります。

 さらに、知的に大きな遅れはないが、あまり友達と遊んだりせず、自分の興味があるものは熱中してどんどんやるけれど、興味のないものは全くやる気がない感じで、そのギャップが大きい場合、小学校の担任の先生は特別支援学級を間接的に勧めてくることが考えられます。もちろん先生にもよります。すべてが全てではありませんが十分考えられます。こういう子どもさんの場合も、就学までに、大人との一対一の遊びなどの活動を通じて、興味をもっともっと広げること、そして大人とのやり取りを豊かにしていくことが必要であると思います。

 本来は、特別支援学級の教育の在り方を変えていく必要があると思います。在籍する生徒がみな必要としている「学力」を育てるための「教科別の学習」の時間を増やすことについては、今、少しずつ保護者の方々が声を挙げはじめているようです。そして、北海道の高等支援学校では、今まで主流であった「職業科」とは別に、あいの里高等支援学校に開設された「教科別の学習」を中心とした「普通科」というものが将来増えてくると予想されます。であるとしたら、小学校や中学校の「知的障がい」や「情緒障がい」の特別支援学級の教育が今ままでと同じとはいかなくなることは十分考えらえます。

 最後に、子どもさん自身と教育全体の将来の大きな変化のために、実は幼児期の早期療育をいち早く「教育としての早期療育」にしていかなければならない、というのが、前回と今回共通した思いなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/03(水) 16:04 | izawa

 今、早期療育の専門機関と位置づけられている、児童発達支援事業所の多くは、「福祉」としての早期療育を行っていると考えられます。
 「それは当たり前のことではないか?」と言われる方も多いと思います。これからお話しするのは、「教育」としての早期療育の必要性についてです。発達に不安のある幼児期の子どもさんの早期療育は、「福祉」ではなく「教育」でなければならない、という話です。

 例えば、4才の男のお子さんの日常の活動の様子を考えてみましょう。活動を支えているのは、一つは、認知とかことばとか、コミュニケーションとか、手指の機能など、いろいろな「能力の発達」です。そしてもう一つは、その発達に応じた能力を基盤とした「生活適応能力」あるいは「生活力」ともいえます。
 今もし、この子どもさんが話し言葉が2語文しか出なく、友だちと遊ぶことがなく、それで同じ年令の子どもさんに比べて、発達が遅れていて心配であると、お母さんが相談に来られたとしましょう。

【福祉としての療育】
 相談機関で相談をされて、発達検査や知能検査を行い、広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)の可能性が高いので、市内の早期療育機関である、児童発達支援事業所へ通うのを勧められます。もし通うのであれば、公的補助が使える受給者証を区役所で発行してもらうために、基本的には、医師の診断書、あるいは所見が必要になります。それをもらって、児童発達支援事業所を利用するとします。児童発達支援事業所は、児童福祉法における障害児の通所施設という位置づけになります。
 事業所の多くは、利用者は障害児であるという前提で、「福祉」としての療育を行います。それはどういうことかと言いますと、障害児なのだからこの場合、ことばはこれから大きく発達することはできない、であるならば、将来の生活に適応するためには言葉以外のコミュニケーション手段を身につける必要がある、具体的には、ことばの使用を最小限にして、サインであったり、写真、絵カードなどを利用したコミュニケーション手段を身につけさせようとします。つまり、障害によって制限が加えられるであろう生活の中で、他の手段を使って生活に適応させていこうとするものです。

【教育としての早期療育】
 「福祉」としての早期療育と大きく違うのは、今発達的に遅れている「ことば」と「人とかかわる力」を伸ばすということです。障害があろうとなかろうと、今4才の子どもさんは、これからいろいろな発達が伸びていきます。それが、大人との違いです。他の同じ年令の子どもさん同様発達を伸ばし、いろいろな能力をつけていかなければなりません。
 もし、療育教室 楽しい広場で、定期的に指導を行うとしたら、指導者と一対一で、絵カード、積み木、ブロック、お絵かき、手遊び、粘土など物を使って遊び、その内容を豊富にすると同時に、遊ぶ時間を5分、10分、15分と伸ばし、最後は60分たっぷり遊べるようになると、ことばを使ったやり取りがどんどん伸びてきます。ここまで来ると、「福祉」としての療育との大きな違いがお分かりと思います。
 子どもさんの生活力とか生活適応力を伸ばす前に、大事ないろいろな発達を伸ばす、ということです。それが大きな違いです。そして、発達に不安のある幼児期の子どもさんにとって、それが一番大切なことです。

 

 今日の話は、大変重要なことです。今日の話は、実は、小学校の特別支援教育にもつながっています。それにつきましては、また別稿で説明をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/03(水) 13:50 | izawa

 7月の楽しい広場の個別療育相談やことば伸び伸び教室を行う療育教室は、以下の予定で行います。

〈7月の予定〉

 〇14日(日)    9:00~16:00
 〇15日(月:祝日) 9:00~16:00
 〇28日(日)    9:00~16:00
 〇31日(日)    9:00~16:00
   (会場)札幌市社会福祉総合センター 第1会議室
         札幌市中央区大通西19丁目1番1号

 〇20日(土)    9:00~16:00(304研修室)
 〇27日(土)    9:00~16:00(303研修室)
    (会場)札幌市教育文化会館
         札幌市中央区北1条西13丁目

*料金 
  60分 3000円

*時間帯
   9:00~10:00
  10:15~11:15
  11;30~12:30
  12;45~13:45
  14:00~15:00

*ご希望の方は、メールでお問い合わせください。

 メールアドレス   mail@tanoshi-ryouiku.com

  詳しくは、個別療育相談、こよば伸び伸び教室のコーナーをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/26(水) 10:51 | izawa

 ことばの遅れや幼稚園や保育園でいつも一人で遊んでいる、友だちと遊べない、指さしをしたり、目を合わせることがない、かんしゃくが激しくて疲れ果てたなど、育児中のお子さんに発達の不安をおもちの方も多いと思います。

 療育教室 楽しい広場は、そういう発達の不安の原因を子どもの発達の流れを基準にして、「障害以外」の原因、たとえば、個人差の発達の遅れ、幼さ、あるいは生活経験の少なさ、弱さ、偏りなどから考え、それに応じた適切な働きかけを行い、子ど子さんたちの発達を伸ばしていくために、個別療育相談や、ことばや考える力、コミュニケーション能力を伸ばす指導を行う「ことば伸び伸び教室」を行っています。

 今週は、30日(日),9:00~16:00、札幌市社会福祉総合センター 第1会議室で、6月最後の療育教室を行います。料金は60分3000円です。

 お子さんの発達に不安をおもちのお母さん、お父さん、どうぞ一度メールでお問い合わせください。

  メールアドレス  mail@tanoshi-ryouiku.com

 お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/17(月) 13:51 | izawa

 6月第4週の、個別療育相談やことば伸び伸び教室を行う療育教室は以下の通りです。

〇6月22日(土)、9:00~16:00
  (会場)札幌市教育文化会館 304研修室

〇6月23日(日)、9:00~16:00
  (会場)札幌市社会福祉総合センター 第1会議室

 料金は、60分3000円です。

 発達に不安のあるお子さんのお母さん、お父さん、是非一度おいでください。その際は、メールでお問い合わせください。

 メールアドレス   mail@tanoshi-ryouiku.com

 お待ちしています。