ナビゲーションメニューへ

療育教室 楽しい広場

こんにちは。
私たちは、NPO法人(特定非営利活動法人)の「療育教室 楽しい広場」です。

「療育相談 楽しい広場」は、札幌市白石区を拠点にして、平成19年(2007年)の4月9日(月)から始まりました。
 

活動の目的
 
 療育教室 楽しい広場は、主に、幼児期から小学生の子どもさんで、言葉や行動面での発達に不安のある子どもさんを対象に、発達の不安の原因を明らかにし、その原因に応じた指導や、家庭においての子育ての支援を行い、子どもさんの発達を伸ばし、行動面の課題を改善します。

★主な事業の内容    

1 個別の療育相談
   → 発達に不安のある子どもさんの発達の実態を、療育教室 楽しい
     広場で作成した、「臨床的発達チェックリスト」を使って正確に把握し
     た上で、発達の不安の原因を明らかにし、発達の不安を改善してい
     くための、親御さんに対する、子育ての具体的なアドバイスをいたし
     ます。(料金:1時間 2500円)

2 「ことば伸び伸び教室」
   → 言葉の遅れやコミュニケーションの弱さ、あるいは、感情がコントロ
     ールできない、友だちとうまくかかわれないなどの、言葉や行動面の
     発達に不安のある子どもさんに対して、個々の子どもさんの発達の 
     実態に応じた興味のあるもの、例えば、絵カードや絵本、積木、パズ
     ル、ブロック、リトミックなどを使っての、継続的な一対一の個別の指
     導をとおして、「人とかかわる力」を育てることに重点を置き、それを
     基盤にして、言葉やコミュニケーションの発達を伸ばし、行動面の課
     題を改善していきます。基本的に、療育相談におきまして、必要と思わ
     れる場合、指導を行います。(料金:1時間 2500円)

3 療育カウンセリング
    → 主に、幼稚園や保育園などの教育、保育機関を対象に、発達に
      不安があったり、問題行動がある子どもさんの療育(発達を促すた
      めに、意図的な働きかけをする)や子育てに関する、助言、支援
      を行います。(料金:1時間:3000円)

4 講 演
    → 幼稚園、保育園、親の会、通園施設、学校などを対象に、子ども
      の発達の見方、発達の把握の方法、発達に不安のある子どもさん
      の、発達の伸長や課題のある行動の改善の方法などについて、
      講演を行います。(料金:1時間 1万円)

 

5 電話・メール療育相談(無料)。ただし電話相談は予約制。

 

利用の仕方について

 平成26年4月1日より、代表の伊澤が、月曜日から金曜日の平日、「NPO 星槎札幌教育センター」が運営します、放課後等デイサービス「星の音(ね)」に勤務することになり、さらに、平成26年11月30日付で、札幌白石区の楽しい広場の教室を閉鎖をいたしました。それに伴いまして、利用の時間帯が、以下のようになります。いました。

1 利用の時間帯
(1)指導、及び療育相談
   土曜   毎月1回(9時~18時まで)
   12月は13日(土)です。会場は、「星槎さっぽろ教育センター」(札幌市北区
   北11条西4丁目2-3、ラビドールN11、1階)です。
(2)電話・メール相談
   メール相談に関しましては、今までどおりに行います。ただし、今までよ
   り、返信が遅れる場合があるかもしれませんが、何卒、ご了承くださ
   い。電話相談は、予約制になります。まず、メールの方にご連絡ください。
(3)講演、療育カウンセリング
   基本的に、日時を調整しての実施を考えておりますので、お問い合わ
   せください。
      

2 申し込み

  メールアドレス     mail@tanoshi-ryouiku.com3

 

 

★具体的な対象となる子どもさんの例
1 認知・言語面

(1)2~3才になっても言葉が出ない、あるいは、おおむ返しやひとり言が多
  い。
(2)お父さんやお母さんと、うまくコミュニケーションが取れない感じがする。
(3)相手が言っていることを、理解できないことが多い。
(4)物事をなかなか覚えられない。
(5)4~5才くらいで、同じ生活年令の子どもさんより、全体的に発達が少し
  遅く、幼い感じがする。
(6)言葉の理解や発語、言葉のコミュニケーションなどの知的な発達に遅れ
  がある。

2 行動面 
(1)自分の思うとおりにならないと、かんしゃくを起こしたり、大騒ぎをする。
(2)ちょっとしたことで怒ったり、イライラしたりして、感情のコントロールがで
  きない。
(3)保育園や幼稚園で、先生の話や指示を聞かず、勝手に動き回ることが
  多い。
(4)保育園や幼稚園での集団の中で、話を聞いたり、整列したり、順番を守
  ったりできない。
(5)大勢の人がいるところが苦手で、ひとりで遊んでいることが多い。
(6)靴の履き替えや着替えなど、自分でできることを、母親や他の大人にや
  ってもらいたくて、泣き叫ぶ。
(7)相手をたたいたり、けんかをするなど、友だちとトラブルが多い。
(8)自分が好きなことはどんどんやるが、興味のないもの、やりたくないも
  のは全くやろうとしない。
(9)友だちと協調性がない。言い訳をして、すぐ自分を正当化しようとする。

3 全体的な発達
(1)次年度の就学を控え、言葉の理解が遅い、全体への指示を聞いて、集
  団行動をとることがうまくできない、あるいは、友だちとトラブルが多いな
  ど発達の遅れや行動面に不安がある。 

 

 

 ★楽しい広場の療育について

1発達相談機関、及び、教育機関としての役割
 療育教室 楽しい広場の中心となる事業は、「個別療育相談」と「ことば伸び伸び教室」ですが、発達に不安のある子どもさんに対して、その発達の不安の原因を明らかにし、子育てのアドバイスを行う、「個別療育相談」は、発達相談機関としての役割を、そして、継続的な個別指導を行い、発達に不安のある子どもさんの発達を伸長し、課題のある行動を改善していく、「ことば伸び伸び教室」は、教育機関としての役割を担っています。

 
2  療育教室 楽しい広場の療育の特徴
(1)「発達的視点」を基盤とした療育
 発達に不安のある子どもさんの発達の実態を、療育教室 楽しい広場で作成した、「臨床的発達チェックリスト」を使って、正確に把握し、発達の不安の原因を明らかにし、そこから、子どもさんの指導や、家庭における子育てへのアドバイスを行います。

(2)継続的な一対一の個別指導により、「人とかかわる力」を育てる。
 発達に不安のある子どもさんに対して、継続的な一対一の個別指導を行い、それをとおして、「人とかかわる力」を育て、それを基盤にして、言葉の発達を促し、行動面での課題を改善していきます。
 楽しい広場では、「人とかかわっていく力」を育てる上での、具体的に必要な力を、次のように考えています。
①「相手を見て、人の話を聞く」という、人とのかかわりの基本を身につけ
  る。
②「待つ」「我慢する」という、穏やかな「制御」を身につける。
③「相手の気持ちや心の状態を感じ取る」という、「共感性」を身につける。
 そして、「ことば伸び伸び教室」においての、継続的な、一対一の個別指導を行い、最初は、1分もじっとしていなかった子どもさんが、30分、40分と席に座りながら、指導者と一緒にやりとりができるようになることで、上記の3つの力が育って、「人とかかわる力」身についてきます。

  

★事業内容について、詳しくは、メニューの中の、それぞれの項目をご覧ください。

★楽しい広場の指導理論、指導方法、指導の実践例などについて、ブログの方でお伝えしていますので、そちらも、是非、ご覧ください。

 

★楽しい広場の療育の発達の見方や具体的指導方法等について、現在使っております資料をご希望の方に、有料で送付いたしております。ご希望の方は、メールで、楽しい広場(伊澤)まで、連絡をいただき、確認をさせていただいたあと、400円分の切手を楽しい広場まで郵郵送ください。切手の到着を確認次第、資料を送付させていただきます。具体的な、送付資料は次の通りです。

1 療育教室 楽しい広場における、子どもさんの発達の実態の把握の方法
  について(A4版:1枚)

2 「臨床的発達チェック表」を使った、発達の見方(A4版:3枚)

3 臨床的発達チェック表(1才半~5才・6才)(合計81項目、A4版:9枚)

4 子どもの発達の概略表(0才~6才、改訂3版)(A4版:10枚)

5 子どもの具体的な行動面での課題のチェックと改善シート(A4版:19枚)
 *取り上げる行動面の課題
(1)多動(2項目)
(2)パニック(2項目)
(3)人とうまくかかわれない。(3項目)
(4)発語の遅れ(2項目)

6 広汎性発達障害に間違われやすい、発達の不安の原因について(A4
  版:6枚)

7 感覚過敏に対する対応(A4版:7枚)

以上。